2006年01月21日

砂と霧の家

砂と霧の家
砂と霧の家ジェニファー・コネリー アンドレ・デビュース三世 ヴァディム・パールマン

おすすめ平均
stars一言で言うと・・・
stars題名もすてき
starsあんまりだー、と泣きながら見た
stars心に残る映画でしょう。
stars悲しい映画でした。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'03 HOUSE OF SAND AND FOG 米/ドラマ/128分
監督・脚本: ヴァディム・パールマン
製作: マイケル・ロンドン ヴァディム・パールマン
製作総指揮: ニーナ・R・サドウスキー スチュワート・ティル
原作: アンドレ・デビュース三世 『砂と霧の家』(DHC刊)
脚本: ショーン・ローレンス・オットー
撮影: ロジャー・ディーキンス
編集: リサ・ゼノ・チャージン
音楽: ジェームズ・ホーナー

cast:
ジェニファー・コネリーasキャシー
ベン・キングズレーasベラーニ
ロン・エルダードasレスター
ショーレ・アグダシュルーasナディ・ベラーニ


■アンドレ・デビュース三世の同名小説を実力派俳優の豪華共演で映画化したヒューマン・ドラマ。ある一軒の家をめぐって対立する孤独な女性と移民家族が織りなす人間模様と彼らを待ち受ける悲しい運命を痛切に描く。


【評価】7
 
 
 
やるせなー。
なんつう理不尽な話だろうか。
この家の方が前見た映画より『悪魔の棲む家』でした。
ほんまジェニファーは悪魔かと思うほど周りの人間の運気を吸い取ったな。

これ明らかにベン・キングズレーの家族がかわいそう。
ベンが所々いいこと言ってた。風呂場で息子に言ってた事とか。
ってかベンの家族かなりええ人たちやのに。
いやしかし、かなりの悲劇だな。


ベンの悲劇。


ジェニファーが所得税払わんからこんなことになったのに。
当の本人は訳わからんうちにしてやったりな感じやん。
今回のジェニファーは完全に幸薄に徹してた。
02年に結婚してから裸体は出さないようになったのかなぁ。どうでもいいけど。
あと悪魔に魅入ったヘボ警部補がめっちゃ暴走した。
こいつがしゃしゃり出たせいでとんでもないことになった。

最初はスローな展開で無音なとことか重っくるしい展開だなーっと思ってたけど、後半になるにつれ一気にサスペンスちっくに。

やっぱりアメリカは差別の国。
リアルにありそうな話だけに余計に印象的。


【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ・タイトル す行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

砂と霧の家
Excerpt: 映画の感想は十人十色。どう感じられましたか?
Weblog: roninの気になること
Tracked: 2006-02-09 10:22

砂と霧の家
Excerpt:   『砂と霧の家』   元木桂吾のオススメ度:★★★★★   この作品は、本当に見終わった後に、   いやな気持ちが残ります。   でも、★は5個なんです。   ━━━━━..
Weblog: 大事なことは映画から学んだ
Tracked: 2006-02-25 07:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。