2006年03月28日

マシニスト

マシニスト
マシニストクリスチャン・ベール ブラッド・アンダーソン ジェニファー・ジェイソン・リー

おすすめ平均
stars★がりがりベイルの役者魂★
stars拍子抜け
starsクリスチャン・ベイル凄すぎる
starsMostly Hitchcockian, plus some A. Parker meets C. Noran

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'04 THE MACHINIST 米・スペイン/サスペンス/102分
監督: ブラッド・アンダーソン
製作: フリオ・フェルナンデス
脚本: スコット・コーサー
撮影: シャビ・ヒメネス
音楽: ロケ・バニョス

cast:
クリスチャン・ベイルasトレバー
ジェニファー・ジェイソン・リーasスティービー
アイタナ・サンチェス=ギヨンasマリア
ジョン・シャリアンasアイバン
マイケル・アイアンサイドasミラー

■不眠症で1年間も眠れずにいる男が、不可解な出来事に巻き込まれ、次第に精神を蝕まれていく恐怖を描いたサイコ・スリラー。


【評価】7
 
 
 
ハンパ無い。
クリスチャン・ベイル凄すぎ。
ガリガリ。危ないよ!
作品中のセリフ、「それ以上痩せると死ぬわよ」はホンマやから。
「アメリカン・サイコ」「リベリオン」「サラマンダー」とマッスルベイルを知ってるだけにやばすぎる。
骨と皮だけになってた。

内容はよくある不思議系。
それだけに、結末にははっきり言ってビックリはなかったけど、クリスチャン・ベイルのガリガリっぷりには終始ビックリしてた。
流れとか筋書きはB級。ある程度で大体想像できる。
で、「そんなカラダで車にはねられたら死ぬから」って思った。
特にこのDVDのジャケットのポーズとかヤバイ。
所々、ちょっと笑ったもん、痩せすぎてて。
確実、栄養失調やん。
ベイル曰く、秘訣は「絶食、それだけ」ってあんた確実危ないって。
一歩間違ったら召されてるって。
けど、ベイルのこれの次に出演してる「バットマン ビギンズ」では元のマッスルベイルに戻ってるらしいから、痩せたり太ったり体に悪そう。
ってか、この肉体改造は凄すぎ。簡単にやれって言われてできるもんちゃう。
今年どっかのおっさんが太っただけでアカデミー受賞したけど、ベイルの方がすごい。
ベイルは神経質で潔癖症な雰囲気を出してる俳優さんだ。って「アメリカン・サイコ」のイメージ強すぎるかな。
神経質ゆえにこいう精神的にどうにかなる役が多いのか。

ベイル以外の俳優さんたちもこの映画の雰囲気にマッチしてて、完成度は高いと思った。このブラッド・アンダーソン監督の「セッション9」より断然分かりやすい話だったと思う。けどやっぱりミステリアスな映画の雰囲気とかは似てるかな。
クリスチャン・ベイルのガリガリっぷりを見れるだけでも価値はある。
ただ、この映画の売り文句“すでに1年間365日眠っていない”は別に意味はなさげ。ただの前置きで、1年を通して衰弱していく様を期待すると肩透かしをくらう。

ワンコメ感想なら「眠れないのは訳がある」と言った感じでしょうか。


【DVD】


追記
DVDで見ると色々特典があって、普段より鑑賞に時間が掛かるなぁ。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。