2006年03月29日

バタフライ・エフェクト

バタフライ・エフェクト
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディションアシュトン・カッチャー エリック・ブレス J・マッキー・グラバー

おすすめ平均
stars号泣ではなく、胸が締め付けられるラスト
stars微妙な変化が大きな違いに
starsまさに、せつないハッピーエンド。心に残ります。
stars今朝一時間早く起きていたら、人生何か大きな変化があっただろうか?
stars変えられる過去、変えられない未来

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'04 THE BUTTERFLY EFFECT 米/SFサスペンス/114分
監督: エリック・ブレス J・マッキー・グルーバー
製作: クリス・ベンダー A・J・ディックス アンソニー・ルーレン他
製作総指揮: ケイル・ボイター リチャード・ブレナー アシュトン・カッチャー他
脚本: エリック・ブレス J・マッキー・グルーバー
撮影: マシュー・F・レオネッティ
プロダクションデザイン: ダグラス・ヒギンズ
音楽: マイケル・サビー
音楽スーパーヴァイザー: ケヴィン・J・エデルマン

cast:
アシュトン・カッチャーasエヴァン
エイミー・スマートasケイリー
ウィリアム・リー・スコットasトミー
エルデン・ヘンソンasレニー

■初期のごく小さな差違が、将来的に予測不能な大きな違いを生じるというカオス理論を効果的に取り入れた異色サスペンス。“バタフライ・エフェクト”とは、カオス理論を“一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起きる”という喩えで表した有名な言葉。
少年時代、エヴァンは記憶を喪失する“ブラックアウト”を起こすことがしばしばあった。そこで、精神科の医師の勧めに従い日記をつけるようになるエヴァン。そんなある日、エヴァンが13歳の時、ひとつの出来事が原因で幼なじみケイリーとの仲が引き裂かれてしまう…。


【評価】6
 
 
 
途中までは「お〜、結構斬新だな」と思ったけど、ラストのやり直しはルール違反っぽい。あそこまで戻れるのはあかん。
それまでのプレイバックはちゃんと伏線が用意されてるとこに戻るのに最後のプレイバックなんて取って付けた感大有り。
それまでの伏線の意味なくね?単なる時間稼ぎか。
戻る回数とかに制限がないってのは、ちょっとどうかと。
あとエヴァンがケイリーを想ってたのかが、どうも弱い。
だってこれまたやり直しまでの一回目でそれこそなんで「I'LL COME BACK FOR YOU」しなかったのか?
忘れてた?ってことは大して好きでないってことちゃうの。
戻ってやり直すうちに情が湧いた?
とか不満なとこはそんくらい。

ただバットエンド好きとしては、(ちょっとネタバレ怪しいので)「エヴァンは犠牲なってみんなはよかったとこまでとか。結局は全てエヴァンの妄想だったとかにして欲しかったかなぁ。それか、身体に負担掛かり過ぎてポックリとか。
けど、あいうラストはきれいにまとまってて良いです。
このカオス理論から言うと、「あの時ああすればああなったのに、ってのはやっぱり単なる結果論で、実際はその後どうなってたかはわからない」って感じを映画にしたような物語だった。
アシュトンはコメディちっくであんまりシリアス向きではないなぁ。
この作品の幼少時と、成長してからの役者さんたちがかなり似てて、違和感がなかったのが映画として相当プラス材料。
エヴァン視点で見てるとケイリーの兄と父には手を焼くな。
そのこと考えるとラストのアレでどうして上手くいったのかよくわかんね。

なんやかんやでヒマな時に普通に観れる一本。


【DVD】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画『バタフライ・エフェクト』
Excerpt: 原題:The Butterfly Effect I'll come back for you. あの頃のあの時に、少しだけ過去に戻って変えてみたら、少なくともこの現在の耐え難い状況に陥ることはないだ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-04-30 01:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。