2005年01月20日

25時

25時 スペシャル・エディション
スパイク・リー

おすすめ平均 
ひとりの人間として、
感動のミステリーラストシーン!?
ラスト10数分が圧巻
暗い闇から最後に射す光が深い感動を与えてくれる。
I Love Spake Lee!!

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'02 25TH HOUR 米/ドラマ/136分
監督・製作:スパイク・リー
製作:トビー・マグワイア
原作:デイヴィッド・ベニオフ『25時』(新潮文庫刊)
出演:
エドワード・ノートンasモンティ・ブローガン
フィリップ・シーモア・ホフマンasジェイコブ・エリンスキー
バリー・ペッパーasフランク・スラッタリー
ロザリオ・ドーソンasナチュレル・リヴェラ
アンナ・パキンasメアリー・ダヌンツィオ
ブライアン・コックスasジェイムズ・ブローガン
トニー・シラグサasコースチャ・ノヴォトニー

■収監を翌日に控えた麻薬の売人が7年の服役、逃走、自殺という選択肢で悩み、友人らと夜を過ごす。

【評価】4

感想

エドワード・ノートンかっこい。それだけ。
ってか刑務所恐れすぎくない?
そんなやばいとこなんかなぁー?ずっと思った。
日本と違ってアメリカとかはひどいもんなんかなー。
実のところノートン以外の話ってどうでもよかった。
特にキモ教師とか。
「そんなビビラず気楽な気持ちで務めてこいって」ってってのが感想。
それと最後結構不明瞭な感じにボカシとるよな。
もしかして死んじゃったのか?と思った最後。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル に行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。