2006年06月04日

デスノート 前編

デスノートデスノート


by G-Tools



映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック SOUND of DEATH NOTE
映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック SOUND of DEATH NOTE



原題 デスノート
【監督】金子修介
【原作】大場つぐみ / 小畑健『デスノート』
DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ 小畑 健

DEATH NOTE (1)
DEATH NOTE (2) DEATH NOTE (3) DEATH NOTE (4) DEATH NOTE (5)    ジャンプ・コミックス DEATH NOTE (6)    ジャンプ・コミックス
by G-Tools

【キャスト】
藤原竜也/夜神月
松山ケンイチ/
香椎由宇/秋野詩織(オリジナル)
戸田恵梨香/弥海砂
藤村俊二/ワタリ
鹿賀丈史/夜神総一郎
細川茂樹/レイ・ペンバーがレイ・岩田に
瀬戸朝香/南空ナオミ


【上映時間・製作】
2時間2分 2006年 日本
6月17日よりロードショー
□公式サイト

ストーリー

--------------------------------------------------------------------------------
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(藤原竜也)は、興味本位で他人の名前をノートに書き込んでしまう。その名前の人間の死を目の当たりにし、最初は恐怖を覚えた月だったが、やがて理想的な世の中を作るべく凶悪犯たちの名前を次々とノートに書き始める。


【評価】7
 
 
 
いいんでない。
率直な感想としては、「結構原作に忠実に頑張ってるな」って感じですか。
微妙に、はしょってたりしますが、時間的に致し方ないし。
あと警視庁のシステムに簡単に侵入できすぎとか細かい突っ込みどころは多数です。マンガを実写化するとなーんか安っぽい感じがするなぁ。
前編は、コミックで確認したところ3巻の途中までってとこですね。
具体的にメインはLとの戦いで「デスノート2」かなんかでニア、メロでしょうか。内容的に前編はライトの監視、レイの始末とからへんかな。
これまた後編で終われるのか不安な感じ。
終盤にかけてはオリジナリティを持たせてましたし、ルールも一個増えてました。
更にLとの出会いは違いました。
後ライトの恋人役もオリジナルかな。

ライト役の藤原竜也も適役だと思った。喋り方とかが雰囲気っぽい。
あっ、そうそう、この藤原竜也見てて思ったけど、エイジプトかエアロスミスとかの神殿とかでよく見かけるネコ人間に似てね?
あとLはよくわかんね。あんなもんじゃないか。
死神リュークはCGなんで完璧。
ミサミサの戸田恵梨香はバカかわいいな。そらミサミサ言うてストーカーされるわ。戸田恵梨香はあんなハイテンションもそつなくこなしてる事にビックリ。
松田もマンガぽいし、ワタリもまんまな感じでよく探してきたなって程でした。
配役は総合的に見ても本気度高いかな。

マンガを知ってる人は、「あぁ〜、こんなんやったな」って、敢えて見るほどでもないけど、はじめて見る人には「えぇ〜、ここで終わり〜?後編の10月まで待てるかっ!!」って感じでしょうね。

それにしてもライトは映画中でもド外道で最高でした。
あ〜自分もデスノート欲しいなぁー。
いらない人間を削除削除したい…。


【御堂会館】
posted by Roy at 00:00| Comment(1) | TrackBack(2) | ・タイトル て行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も観ました〜!まずまずの出来だったと思います。原作ファンでも、まぁ納得出来たかなぁ。私的にはLの方がキャラの完成度高かったと思ってます。後編も期待出来そうなので観に行くつもりです。
Posted by ☆あっつん☆ at 2006年07月02日 08:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「DEATH NOTE 前編」
Excerpt:    今日はダーリンとお休みが重なったので映画を観に行きました (^^♪  一緒に映画館なんて「魔女の宅急便」以来な気がする・・・(古いよ!)  滅多に映画なんて観たいと言わないダーリン。..
Weblog: ☆彡あっつんDiary☆彡
Tracked: 2006-07-02 08:25

お邪魔します。古典映画を愛する詩音魔です。
Excerpt: いつまでも残る映画古典とこれから残るであろう新作映画を独断で評論しています。
Weblog: 映画館(こや)の木戸はあいている
Tracked: 2006-11-05 23:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。