2005年02月17日

あずみ 2 Death or Love

あずみ 2
あずみ 2

Amazonで詳しく見る

by G-Tools


あずみ 2 Death or Love
【監督】金子修介
【原作】小山ゆう『あずみ』小学館
【脚本】水島力也 川尻善昭
【製作統括】近藤邦勝 森隆一 亀井修
【プロデューサー】山本又一郎 中沢敏明
【美術】稲垣尚夫
【音楽】川村栄二

【出演】
上戸彩…あずみ
石垣佑磨…ながら
栗山千明…こずえ 小栗旬…銀角/なち 高島礼子…空如
遠藤憲一…金角 平幹二郎…真田昌幸 北村一輝…井上勘兵衛
神山繁…南光坊天海 永澤俊矢…真田幸村 謙吾…六波


【上映時間】 1時間53分 2004日本 2005年3月12日よりロードショー
公式サイト

【評価】2

チラシ

「少女」を捨てる。

| STORY |
あずみの愛が戦場を駆け抜ける。
群雄割拠の戦国時代が終わりを告げ、世を二分する徳川と豊臣の戦いもいよいよ終焉を迎えていた頃。剣を手にして戦場を駆け抜けるひとりの少女が居た。

天下取りの夢に浮かされた大名たちによって、未だにくすぶり続ける戦乱の時代に終止符を打ち、世の中に平和をもたらす為に、少女の使命は皮肉にも徳川の刺客となって対抗する豊臣の大名たちの命を奪うこと。なぜ、闘い続けなくてはいけないのか。刃をふるうたび少女の心は震える。
少女の名前はあずみ…。

使命の為、共に修行をしてきた愛する仲間をも斬り、目の前で次々命を落としていく同士の屍を乗り越えて生き延びてきたあずみ。激しい攻防の末、唯一残った仲間・ながらと共に残る標的・真田昌幸を今日も追う。そんな彼女の心を惑わすひとつの出会いがあった。敵の追っ手に狙われたあずみを救ってくれた野党軍団のひとり・銀角の面影にあずみは言葉を失う。彼女が最強の暗殺者として独り立ちするために斬った初恋の青年・なちとうりふたつだったのだ。銀角と一緒にいると優しい想いがあふれてくる。
闘いに疲れ、堅くなった心が溶けていく。だが、あずみは情を捨て使命のために闘い続ける宿命。「あのとき、なちに斬られていたほうがよかった…」。残酷な運命への抗い。あずみの心は千々に乱れる。

一方、あずみが狙う真田昌幸は最強の忍び・上野甲賀衆を終結させ応戦の準備を整えていた。決戦の時が近づく。あずみが心揺らす銀角も闘いに巻き込まれていく。
愛か、使命か―あずみの選んだ道は…!

≪感想≫


思わず苦笑。

ちょっと、これの音楽編集した人誰?出て来い!
んでやり直し。
なんで「ぽぉわぁ〜ん」とか電池の切れかけたインターホンみたいな音楽ばっかりやねん。全く締まりがないわ。

せっかく、高島礼子、イケイケやったのに。
更に、栗山千明、ノリノリ。ちょっと企み顔。
上戸彩、ぷりっぷり。なんかエロちっくな顔。
あーあと、前作に出てた岡本綾がいなくなってたのが残念。六波役の謙吾って人が一番よかったか。一人めちゃつよ。

高島礼子はハジケてたなー。
特に鎧というか、


なぜ鎧の乳首のとこからチェーンが?


そればっかり気になった。
あの鎧の乳首チェーンは高島礼子のハジケっぷりの象徴でした。
で、高島礼子が更にハジケた。
ハジケにハジケた。

なんぼのもんじゃいぃーっ!!」には一瞬「はぁっ?」ってなって度肝抜かれた。ほんで説教みたいなん言い出した。すごっ!

して終盤あずみが痺(しび)れ薬で朦朧(もうろう)としてきたシーンから大阪人としての血が騒ぎ出してきた。
銀角が「あずみ、お前は死ぬな!」ってシーンでは「銀角、お前はさっさと死ね」とイラチな気持ちになりました。
グデグデでダラダラとしたシーンになんかイラっと。
そら彩ちゃんの髪の色も茶色からに黒になるわ。

そして突然、上戸彩ちゃんが叫んだ!

その時までにこの映画を観てきた自分の気持ちを的確に表しつつある言葉を変わりに代弁してくれました。

前回の三馬鹿兄弟の兄ジャが今回も出てて死んだ人を別のキャラで出すのはどうかと思いつつも、あの人のキャラは気に入ってます。

上戸彩ちゃんは遠藤憲一さんと同じ意見で“かわゆい”ねんけど、総合的には最初のコメントに戻ります。
posted by Roy at 00:00| Comment(2) | TrackBack(6) | ・タイトル あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!echo&コメ、ありがとうございました!
脇役の方々、良かったです。
ま、3が出れば、無条件で見ますが、、、
またよろしくお願いしますね。
Posted by 猫姫 at 2005年09月25日 18:43
猫姫さん、こんばんわ。
コメントして頂きどうもです。

そうですねなんやかんやで3は乗りかけた船なので制覇したいものです。

こちらこそよろしくお願いします。
Posted by Roy at 2005年09月28日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「あずみ2」
Excerpt: 「人がいる限り戦いはなくならない」 「あずみ2」=前作よりもヒューマン的要素が加わり、1とはまた違う世界観を堪能しました。と、同時にアニメ原作を映画化することの難しさも痛感。 「『主人公の魅力』これ..
Weblog: 青木英美のニライカナイ
Tracked: 2005-03-15 14:55

『あずみ2 Death or Love』
Excerpt:  「少女」を捨てる。 ■監督 金子修介 ■原作 小山ゆう ■キャスト 上戸 彩、石垣佑磨、小栗 旬、栗山千明、高島礼子、平幹二朗、永澤俊矢、遠藤憲一 あずみ(上戸 彩)は使命のため、共に修行をして..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-03-21 00:45

#18:あずみ2 Death or Love
Excerpt: KAZZのこの映画の評価 上戸彩、頑張ってます 殺陣や、立ち振る舞いは、上手くなりました。凄い でも、原作の漫画の方が、数倍面白いです ベストセラーな漫画なだけに、映画ならではの設定と言う..
Weblog: (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
Tracked: 2005-04-06 17:57

あずみ2 Death or Love 今年の189本目
Excerpt: あずみ2 Death or Love 好きなのです、これ。 コミックは読んだことないんですケド、、、 死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ!!今度は何人斬るのか?? エンケン いい〜!! すごい出演数、、、北村一輝..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-09-23 17:45

あずみ2
Excerpt:  DVDを観てから、レビューをどう書こうか、ずーと悩んでいた。 わたし、上戸彩ちゃんの大大大ファンだし、今年の邦画の中では、1、2の出来じゃないかなって思っている。 でも、そう書いちゃうと、多分、レビ..
Weblog: minaの官能世界
Tracked: 2005-10-29 07:59

【映画】あずみ2 Death or Love 上戸 彩 石垣 佑磨、小栗 旬 主演 小山 ゆう 原作
Excerpt: 戦国時代が終わりを告げようとしていたころ、刺客として育てられた少女あずみの戦いを
Weblog: 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK
Tracked: 2005-11-07 20:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。