2005年03月14日

トーク・トゥ・ハー

トーク・トゥ・ハー
レオノール・ワトリング ペドロ・アルモドバル ハビエル・カマラ

おすすめ平均
深い・・・
これは…凄い!
l
寂しさを全編に漂わせる
愛、孤独、別れ、友情。深く感動しました。が、なにに感動したの

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'02 HABLE CON ELLA(TALK TO HER) スペイン/ドラマ/113分
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
製作・製作総指揮:アグスティン・アルモドバル
出演:
ハヴィエル・カマラasベニグノ
ダリオ・グランディネッティasマルコ
レオノール・ワトリングasアリシア
ロサリオ・フローレスasリディア
ジェラルディン・チャップリンasカタリナ
パス・ベガasサイレント映画のヒロイン

■昏睡状態で病院に寝たきりのバレリーナと女闘牛士。バレリーナを介護する看護士と、女闘牛士の恋人は互いの境遇を語り合い友情を深めていく。

【評価】6

感想

アルシアがかわいすぎるからって、そこまでやったら犯罪です!
そんな感じでした。
ストーカー行為の極み的映画でした。でもある意味では献身的な愛とも言えるかも。
これもし観る人が女性ならベニグノ君に寒気というかなんともいえない気色悪さを感じるんではないでしょうか。
アルシアさんチチポロッーん出してたんであんな感じのシーンならいやらしさの欠片もないです。
なんていうかモノ的感覚。でも綺麗な人でした。「死ぬ10」で隣人の役やったらしいけどそれ程印象に残ってないなぁ。
これからハリウッド進出らしいです。ペネロペみたいになれるか。
にしても植物状態の演技って微妙…。

この作品自体は結構深いといえば深いですが、どうですかね。
良くも悪くもスペインぽいということで。
関係ないけど、自分の中でスペインとブラジルって国が情熱って感じで被ってます、ただ、スペインの方が濃いですが。


【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル と行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。