2006年01月22日

THE PROMISE ―無極―

THE PROMISE原題 THE PROMISE
【監督・脚本】 チェン・カイコー
【製作/“満神”役】 チェン・ホン
【製作】 ハン・サンピン
【撮影】 ピーター・パウ
【美術】 ティン・イップ
【特殊視覚効果(VFX)スーパーバイザー】
フランキー・チャン/セントロ・デジタル・ピクチャーズ
【音楽】 クラウス・バデルト
【アクション振付】 ウェイ・トン ディオン・ラム

【キャスト】
チャン・ドンゴンas昆崙
真田広之as大将軍・光明
セシリア・チャンas傾城
ニコラス・ツェーas公爵・無歓
チェン・ホンas満神


【上映時間】 2時間8分 2005年 日本・中国・韓国
2月11日より公開
公式サイト


ストーリー

--------------------------------------------------------------------------------
それは、生きるものすべての運命を照らし出す“無極”を垣間見、その運命に挑戦した3人のものがたり----。

親もなく生きる術を持たない少女(傾城/セシリア・チャン)は、真実の愛と引き換えに、この世のすべての男からの寵愛と、何不自由ない暮らしを約束され、やがて王妃の座に就いた。
天から俊足を与えられ、それ以外は何かを望むことさえ知らず、奴隷として生きてきた男(昆崙/チャン・ドンゴン)は、初めて心から欲するものに出会う。
そして、伝説の花の甲冑を身につけることをこの世でただ一人許された大将軍(光明/真田広之)は、“何かに心が動いたとき涙は流れ、心が動いたとき、その命を落とす”というさだめ----。
それぞれに与えられた約束は、決して変えることのできない運命のはずだった。しかし、三つの約束が絡み合った時、世界はまったく違った展開を見せ始める。


【評価】5
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(5) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

サイレンス 血の呪

サイレンス 血の呪
サイレンス 血の呪ジェラール・ドパルデュー グラハム・ギット エロディ・ブシェーズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'03 LE PACTE DU SILENCE 仏/サスペンス/89分
監督: グレアム・ギット
製作: アラン・ゴールドマン
原作: マルセル・ベルンスタイン
脚本: ロゼリン・ボッシュ
撮影: パトリック・ブロシェ
音楽: アレクサンドル・デプラ

cast:
ジェラール・ドパルデューasジョアキム
エロディ・ブシェーズasサラ/ガエル
カルメン・マウラasエマニュエル

■原因不明の病に倒れた修道女の身辺調査と忌まわしき病の究明に奔走する牧師が、彼女と恐ろしい呪縛で繋がる謎めいた双子の姉に翻弄されるさまを描いたサイコ・サスペンス。

【評価】4
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ザ・グリッド Vol.1〜3

The Grid
THE GRID
Average Review
starsYou call that an ending?
starsIncredible modern real life saga
starsEntertaining techno thriller mini-series
stars"24" on an international scale

See details at Amazon
by G-Tools


'04 THE GRID 米=英/サスペンスドラマ/90分×3
監督: ミカエル・サロモン
製作: ミッチ・エンゲル
製作総指揮・原案: トレイシー・アレクサンダー
原案・脚本: ケン・フリードマン
撮影: シーマス・ディージー
音楽: ラミン・ジャワディ

cast:
ディラン・マクダーモット
ジュリアナ・マーグリーズ
バーナード・ヒル
ジェマ・レッドグレーヴ
ジェームズ・レマー
ロバート・フォスター
トム・スケリット

■9.11同時多発テロ後の世界を舞台に、大規模な国際テロ計画を阻止すべく奔走する米・英情報機関の捜査官たちの緊迫した戦いをリアルに描いた政治サスペンス・シリーズ。

【評価】4
 

感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

サハラに舞う羽根

サハラに舞う羽根
ヒース・レジャー シェカール・カプール ケイト・ハドソン ウェス・ベントリー

おすすめ平均
人間の描き方がダメ
ちょっと期待しすぎたかな
穏やかさを取り戻すまでの狂気の道(大切な思い出と友情の重み)
映像がきれいで一見の価値は絶対にある。
重層的な構成を持った作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'02 THE FOUR FEATHERS 米・英/ドラマ・戦争/132分
監督:シェカール・カプール
製作:ポール・フェルドシャー ロバート・D・ジャッフェ
製作総指揮:ポール・フェルドシャー ジュリー・ゴールドスタイン アロン・ライヒ
原作:A・E・W・メイソン 『四枚の羽根』(小学館刊)
脚本:マイケル・シファー ホセイン・アミニ

cast:
ヒース・レジャーasハリー・フェバーシャム
ウェス・ベントリーasジャック・デュランス
ケイト・ハドソンasエスネ
ジャイモン・フンスーasアブー・ファトマ
マイケル・シーンasトレンチ
ルパート・ペンリー=ジョーンズasウィロビー
クリス・マーシャルasキャスルトン
アレック・ウェックasアクオル
ティム・ピゴット=スミスasフェバーシャム将軍


story
■1884年、女王陛下の名の下、世界の4分の1を支配下に収め、なお領土拡大を続けるイギリス軍。その将軍を父に持つ青年ハリーは、ジャックら親友たちからも熱い信頼を受ける若きエリート士官。美しき婚約者エスネも得て順風満帆な人生を送っていた。そんなある日、彼はスーダンへの反乱軍鎮圧の任務を命じられる。しかし、この戦争に疑問を感じたハリーは苦悩の末に除隊する。そんな彼のもとには、ジャックを除く連隊仲間から臆病者を意味する“白い羽根”が送られてくる。そして、誇りを重んじるエスネもまた、ハリーの行動に失望し彼のもとを去っていくのだった…。

【評価】4

感想

ずばり、英国人エリート士官ハリーと奴隷民族であるアブー・ファトマの人種、身分の差的ものを超えた熱き友情物語。
そんなところ。
戦争が怖くて逃げたらチキン扱いってのはどうやろう。昔っからそいうくだらない誇りの為に戦争で命を落とした人が多いんやろうなぁ。
生きて何ぼ、命あってのものだねっていうのに。
自分はこいう系統の誇りとか伝統とか大嫌いな人です。チキンとでもなんとでも呼べばいいさ。
とか置いといて、相変わらずヒース・レジャーはかっこいい。かなりお気に入りの俳優さんの一人。
今回もかなりサバイバーっぷりをみせてました。

全体的にはかなり微妙な感じで取り立てて言うこともないでしょう。
ヒースファン用な作品。


【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

ザ・スカルズ U/髑髏の紋章

The Skulls II

Average Review
Alright, what did the skulls give you?
Low Budget copy of the original
Fantastic Idea, but Poor Plot
Even worse than the first...
Skulls II

See details at Amazon
by G-Tools


'02 THE SKULLS II 米/サスペンス/100分
監督:ジョー・チャペル
脚本:ミシェル・コラッチ=ジーガー ハンス・ロディオノフ

cast
ロビン・ダンasライアン・ソマーズ
ネイサン・ウェストasパーカー・ニール
アシュレイ・リン・カファグナasアリー
リンディ・ブースasケリー

story
■国家をも動かす力を持つ秘密結社への入り口である、名門大学のエリート集団“スカルズ”。既にメンバーである兄と同様、スカルズに勧誘されたライアンは、ある日、スカルズのメンバーのひとりが同じ大学の女子学生を殺す現場を目撃する。しかし、死体は発見されず事件は闇の中へ。

【評価】4

感想

えーと、シリーズ物らしいけど1飛ばした。3まであるらしい。
一応好きな学園サスペンス系でしたが、微妙。
主人公のキャラが嫌いなんで無理でした。
必殺、和を乱す変な正義感。この手のキャラは嫌いです。
何故そこまで権力と闘うのか理解できません。
エリート集団の秘密結社とか言いながら全く秘密に出来てないのもなんかなぁって。
一般生徒にもバレバレの秘密結社ってどうよ。
一度でいいからこの手の嫌いな正義感ぶったキャラを悪の権力で最後までぶっ潰して欲しいと思う今日この頃。

B級漂うしょうもない学園サスペンスでした。


【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

殺人の追憶

殺人の追憶
チャ・スンジェ ノ・ジュンユン ポン・ジュノ

おすすめ平均 
2003年の韓国映画。
絶妙な「既視感」を与える
スゴイ!
この監督は間がいいです。
ヒーロー無き秀逸の社会派ドラマ

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'03 MEMORIES OF MURDER 韓国/サスペンス/130分
監督・脚本:ポン・ジュノ
製作:チャ・スンジェ ノ・ジュンユン
CAST:
ソン・ガンホasパク・トゥマン
キム・サンギョンasソ・テユン
パク・ヘイルasパク・ヒョンギュ

Story
■韓国で実際に起きた事件を基に殺人犯を追う刑事2人の執念を描く。

【評価】5

感想

韓国っぽー。
主演のソン・ガンホって人めっちゃくちゃおっさんクサくていいな。この役にピッタリ。この人のお陰でだいぶ観れる作品になってた。日本人にはいない感じの役者さん。
もひとりの主役、キム・サンギョンは佐藤浩一を若くしたような感じ。

昔韓国では自白のためなら拷問というか、かなり手荒な自白強要もありやったみたい。
ってことはやってないのに犯人とされた人が多々おるやろうに。
脇役の刑事がドロップキック多様は微妙やった。

「最後、犯人わからんかった…」と落胆してたけど、どうやらわからんくて当たり前やったよう。
自分の理解力不足かと思ったけど、よかった。
確かにつるんつるんてんとかところどころニヤっとなるようなとこあったけどそれ程面白いといった感じでもないなぁ。
実際まだ犯人が捕まってないってのが信じられんな。
現場に戻る習性を見事にしてるってことは現場に超小型CCDとか付けといたらいいのにさ…。
よく出来ていたけどそれ程好きではない。
posted by Roy at 00:00| Comment(4) | TrackBack(1) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

サイコ2

サイコ2
アンソニー・パーキンス

おすすめ平均 
ヒチコックを気にしなければ楽しめる
最高です!
メグ・ティリーが良い!!

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'83 PSYCHO II 米/サスペンス・スリラー/113分
監督:リチャード・フランクリン
製作:ヒルトン・A・グリーン
脚本:トム・ホランド
出演:
アンソニー・パーキンスasノーマン・ベイツ
メグ・ティリーasメリー
ヴェラ・マイルズ


■精神病院を退院し丘の上の館に戻って来たノーマンは社会復帰を果たそうとするが、そんな彼の前にまたしても“母”の影がまとわりつき始める……。

【評価】9

感想

絶妙。
これは良い。
『サイコ』の話わかる人にしかわからんやろうけど。
自分は『サイコ2001』で流れは知ってたのですんなり観れた。
いやー、これ脚本の人が相当『サイコ』ファンと見た。
かなり練られたストーリーやな。
ラストまで話が見えず、納得できんとこが多々あるけど、ラストで「ほうほう」となる。
っていうかメグ・ティリーさんくぁわいい。
髪型に年代感じるけどお顔立ちは現代でも相当美人。
それだけで全然観れる映画に。さらにプチ裸体まで披露ときた。
昔の低予算、話の内容勝負の映画。
古いのにもステキな映画があるから昔のも観る気になった。

この作品はサイコ観たなら確実に観るしかないな。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

サラマンダー

サラマンダー
マシュー・マコノヒー

おすすめ平均 
古代ドラゴンと近代兵器のミスマッチが面白い
変な期待を抱かなければ楽しめる作品
思ったよりも面白かった!
別人のようなマシュー・マコノヒーにビックリ!

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'2002 REIGN OF FIRE 米・英・アイルランド/SFパニック/103分
監督:ロブ・ボウマン
原案・脚本:グレッグ・チャボット ケヴィン・ペテルカ
撮影:エイドリアン・ビドル

出演:クリスチャン・ベイルasクイン
マシュー・マコノヒーasヴァンザン
イザベラ・スコルプコasアレックス・ジェンセン
ジェラード・バトラーasデイヴ・クリーディ


■荒廃した地球を舞台に、太古の地球に君臨した邪悪な巨大竜と人類の壮絶な戦いを描くサバイバル・アクション。

【評価】6

感想

「マシュー・マコノヒーの筋肉すごいから観てみ」ってだいーぶ前に言われて、外人なんてどいつもこいつもすぐムキムキなるし、まーそこそこやろ的な考えで観てみました。ってか
「マシュー・マコノヒー出てたのか?」ってのが感想でした。
おそらくちょい役で出てて周りが無名やからクレジットも上のほうに来てると思いました。
調べてみてビックリ。あのハゲがマシューかよ!
ありゃ別人だろ!?どう見てもめちゃ厳ついハゲやん。
あのホンノリたれ目のニヤケ顔しか思い浮かばんマコノヒーが奴?またまた騙そうとして。
マジなんか?そうなんか。奴がハゲなのか。いや、ハゲが奴なのか。
すげームッキムキ。ありえん。

さてマコノヒー談はこの辺にして、内容はかなり矛盾してるように思えた。
だって最初にドラゴンは不死身って言ってたのに死ぬんかよ。
核でも死なへんような生物がミサイルで死ぬんか?
あ、ゴキブリも放射能では死なんけど、叩いたら死ぬわ。
それと同じってことか?
かなりB級な作品でした。ドラゴンもあんまり登場せんかったし。微妙にケチってる。
まぁ、可も不可もなくってやつでした。

マコノヒーファンは観とくべき一本です。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

ザ・プロフェッショナル



ザ・プロフェッショナル

おすすめ平均
一歩先ではなく3歩先まで
頭の良さに感動
とにかく鮮やか!その一言に尽きます

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'01米・カナダ HEIST/サスペンス/110分
監督・脚本:デヴィッド・マメット
CAST:
ジーン・ハックマン/ジョー・ムーア
ダニー・デヴィート/バーグマン
デルロイ・リンドー/ボビー・ブレイン
サム・ロックウェル/ジミー・シルク
レベッカ・ピジョン/フラン
リッキー・ジェイ/ドン・ピンカス

Story
■ジーン・ハックマン主演の犯罪サスペンス。ボスの引退をかけて最後の大仕事に挑む強盗団の活躍を二転三転するストーリーで見せる。「RONIN」「ハンニバル」などの脚本家として知られるデヴィッド・マメットが監督・脚本を担当。共演は「殺したい女」「ツインズ」のダニー・デヴィート。

【評価】5

感想

びみょー。 ジーン・ハックマンが出るほどの映画ではなかったかなぁ。
確かに二転三転はするものの出し抜こう出し抜こうする展開なんで、あんまり好きではなかった。
特にいつもハンプティ・ダンプティに見えるダニー・デヴィートがワルのボスっていう設定ではヘナチョコすぎる。
結局のとこも自分としては敗北的結果やったと思うし。
先の先を見越すなら裏切りに合ってる時点で敗北やな。
結果としては寂しい老後が待つことになったな。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ

おすすめ平均
この監督はチェックしておくべきでしょ。
渡辺篤史に見て欲しい家
観て損はない作品

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'2001 THE ROYAL TENENBAUMS/米/ドラマ・コメディ/110分
監督・脚本・製作:ウエス・アンダーソン
総指揮・脚本・出演:オーウェン・ウィルソン
出演:ジーン・ハックマン アンジェリカ・ヒューストン ベン・スティラー グウィネス・パルトロウ ルーク・ウィルソン

■かつて脚光を浴びながら崩壊した天才ファミリーのユニークな家族再生コメディ。監督は「天才マックスの世界」で注目されたウエス・アンダーソン。

【評価】4

感想

なーんか極普通の自分がなーんにも感じない典型的な感じの映画。
かなり全編に渡り静か。平らな感じ。
でも、とりあえず俳優陣が大御所ばっかり。
オーウェン・ウィルソンって基本はコメディアンなんですね。
あんまりコメディな役は好きではないなぁ。
これコメディってなってるけど全く笑えるところはないし、微妙すぎるほど微妙。
ベン・スティラー出てる割には笑えるコメディではなかったなぁ。オーウェンとスティラーよう競演してるような。
グィネスも相変わらず幸薄そうかつ、けだるそうでアイメイクも含め今回は結構好きな感じでした。

そのー、自分はこの手の映画は全く印象にも残らなければ思うこともないのであって、この手の映画が好きな人は好きなんでしょう。
最近観た中で近い感じの雰囲気なのがゴスフォード・パーク。
あくまで雰囲気。そいう静かな感じ。
なんて言うんか人に勧めれるもんでもないし、観んと損した気分になるもんでもないんで、前からずっと気になってたけどスルーしてもよかった作品だと思った。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

サイドウォーク・オブ・ニューヨーク

サイドウォーク・オブ・ニューヨーク

おすすめ平均
another REAL New York Story

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'2001 米 SIDEWALKS OF NEW YORK/ドラマ/109分
監督・製作・脚本:エドワード・バーンズ
出演:
エドワード・バーンズ/トミー
ヘザー・グレアム/アニー
ロザリオ・ドーソン/マリア
デニス・ファリナ/カルポ
デヴィッド・クラムホルツ/ベンジャミン
ブリタニー・マーフィ/アシュレー
スタンリー・トゥッチ/グリフィン
キャリー・ソーン/スー
アイダ・タートゥーロ

■男女6人のニューヨーカーが繰り広げる恋物語。「マクマレン兄弟」のエドワード・バーンズが監督。

【評価】4

感想

うがぁ〜!
なんだこのボールド(ハゲ)グリフィンは!
かなり最悪の反感買うキャラではないか。ってかこのハゲなにゆえモテモテ?やっぱ歯医者やから?
つーかこの映画テーマが完全にセックスやからあんまり。
このインタビュー+マルチ生活形式ってのは結構良かった。
他人の生活をプチ覗いてる気分になれました。
個人的感覚としてはアニーと近かったかも。
ってかブリタニー・マーフィ、かーいー。
めちゃめちゃかわいい。かわいらしい。キュート。プリティ。
ブリタニーやったら目に指入れられても痛くない、たぶん。
なにしてもかわいい。久しぶりにいい目の保養になりました。
最初はヘザー・グラハム目当てで観たけど、ブリタニー出ててかなり得した気分。そーいや出演作品一覧にこの映画のタイトルあったのど忘れしてた。ラッキラッキ。
結構ハゲに羨望の眼差しかつイライラしつつもそれぞれの人間関係がうまく描かれてたと思うし、テーマは好きく無いけどブリタニー好きなんで押さえといてよかったかな。
最後の収まりも相応の結果が待ってたし、そこそこでした。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月08日

ザ・ハリケーン



ザ・ハリケーン

おすすめ平均
アメリカの人種差別
主題歌もカッコイイ
☆特別編☆

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'99 THE HURRICANE/米/ドラマ/145分
監督:ノーマン・ジュイソン
出演:
デンゼル・ワシントン デボラ・カーラ・アンガー


Story
■ハリケーンと呼ばれた天才ボクサー、ルービン・カーターの苦難の30年をたどる実録ドラマ。「ボーン・コレクター」のデイザル・ワシントンが主演。

【評価】10

感想

やっぱりいいな。たとえ日本語吹き替えでも。
以前見たことがあるけど、日曜洋画劇場でやってのでぼけーと観た。
通常二回とか複数回観ることは無い人なんですが、たまたま。
このザ・ハリケーンはど派手なアクション等小ざかしい小細工が一切無い内容勝負なお気に入りな映画の一本。
まずデンゼル・ワシントン。彼は確かこれの次の年のトレーニング・デイでアカデミー主演男優取りましたが、自分的には断然こちらの演技のほうが好き。
やっぱ黒人で一番男前で確かな演技力、最高の俳優です。がしかし、妻が不細工なのはどうも府にオチへん。デンゼルならもっと美人をゲット出来たはず…。
この映画は法廷系で結構落ち着いた流れなんですが、人種差別とかその内容が結構いいんで考えさせられる系でもある。
二度目でわかったけど、この黒人の男の子ドラマ「24」のキースじゃないですか。あんな変な顔やから一目でわかりました。
それはさておきやっぱ総合的に大変よかったです。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月30日

サンダーバード



サンダーバード

おすすめ平均
微妙なサンダーバード。
DVD的には星4つで…
そこそこ、かな

Amazonで詳しく見る by G-Tools


THUNDERBIRDS
【監督】
ジョナサン・フレイクス
『ファースト・コンタクト/STAR TRECK』
【製作】
スタジオ“ワーキング・タイトル”…
『ノッティングヒルの恋人』
『ラブ・アクチュアリー』
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
マーク・ハッファム
【製作総指揮】
ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
【原案・脚本】 ピーター・ヒューイット
ウィリアム・オズボーン
マイケル・マッカラーズ
【撮影】 ブレイダン・ガルヴィン
【音楽】 ハンス・ジマー

【出演】
ビル・パクストンasジェフ・トレーシー
アンソニー・エドワーズasブレインズ
ソフィア・マイルズasレディ・ペネロープ
ベン・キングズレーasフッド
ブラディ・コーベットasアラン・トレーシー
ソレン・フルトンasフォーマット
ヴァネッサ・アン・ハジンズasティンティン

【上映時間】
1時間35分 2004米 8/7(土)〜
公式サイト
http://www.thunderbird-movie.jp/

【評価】7

チラシ

世界の危機と戦う
伝説の<国際救助隊>が
今、出動する!!

| STORY |
大富豪で元宇宙飛行士のジェフ・トレーシーと4人の息子たちは、スーパーメカ<サンダーバード>号で、世界中の災害救助活動を行う極秘機関<国際救助隊 IR>の隊員だ。彼らは人々の命を救うため、危険で困難な災害現場に駆けつけるヒーロー。そんな兄たちを、まだ学生で末っ子のアランは誇りに思い、彼もいつか国際救助隊の一員となることを夢見ていた。そんな折、ジェフを憎む国際救助隊の宿敵、フッドによって、長男ジョンの乗る宇宙ステーション、サンダーバード5号が攻撃される。ただちにジェフとアランの兄たちはサンダーバード3号でジョンの救出に向かう。しかし、守りが手薄になった国際救助隊にフッドの魔の手が伸び、IR本部は乗っ取られてしまうのだった…

≪感想≫

普通に面白。
どっちかっていうとお子様向け色強いけどよかったっぽい。
始まりがいきなり変てこな紙芝居風の絵から始まりそれが結構長くて
「これオープニングでこれだけ時間使ってて1時間半しかないんやったら相当内容無いな」と思ってました。
でも意外に内容も無難に普通でした。
はじめに懐かしい感じの誰もが一度は聞いたことある曲が流れて懐かしい感じがしました。
「タッタカタータカタッタタッタカッタッタター♪」んなんであってる!?そんな感じのアレ。
ほいでからなんか一人キューティ・ブロンド、いや、ぺーとパー子並のピンク中毒者が混じってました。
結構かわいらしい人やったから良しとします。
俳優人もビル・パクスン、ベン・キングズレー以外は見知らぬ顔だらけ。
そしてアレンの連れみたいな女の子、ティンティンは響き的にギリギリやばいやろう。ティンティンですよ、ティンティン。
日本人にはよろしく思われないでしょう。
更にアレン、高校生でそのハシャギっぷり、サンダーバードを見て「カッコイイ」の一言はコイツもやばいです。
そんなこんなでかなりお金使ってそうな映像と、その使い方はリディック、スパイダーマン2より10倍くらいよかったと断言できます。
兎に角お金使いました系が増えてて効果的なお金の使い方して欲しいと思う今日この頃、サンダーバードはチビッコから童心を忘れかけた大人まで軽く楽しめる作品ではないでしょうか。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月23日

the EYE【アイ】



the EYE (アイ) デラックス版

おすすめ平均
ホットなホラー
怖かった・・けど、深いものがあった
ただ怖いだけじゃない映画…

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'02 the EYE 見鬼/韓国,タイ,イギリス,シンガポール/ホラー/99分
監督/脚本:オキサイド・パン ダニー・パン
出演:
アンジェリカ・リー/ マン・ウォン ローレンス・チョウ/ワ・ロー
キャンディ・ロー/マンの姉 チャッチャー・ルチナーノン/リン

Story
角膜移植手術を受けた16歳の少女が、その1週間後に自殺した、というかつてタイで実際に起きた事件をヒントに製作されたホラー・サスペンス。

【評価】6

感想

内容的なことを一言で書くと、「リングを基礎にしたプロフェシー」
そんな感じ。
ついでに主演の子も一言で書くと、「本条まなみをベースにしたhydeでほんのりかすかに香る仲間由紀恵」
清楚で上品な感じのキレイなお嬢さん。

ホラーやけどあんまり恐くないけど、日本的な恐怖を意識してる感はあった。

まぁ、あの最後は「微妙やなぁー」と思いながら観てた。
何気に監督・脚本パン兄弟やな。初めてみるけど。
今まで観たリング系のパクリ映画としてはよく出来ていた方ではないかな。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月09日

ザ・ワイルド



ザ・ワイルド

おすすめ平均
主人公の名字は Morse ですが、モールス通信の場面はありません。

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'97 THE EDGE/米/アクション・アドベンチャー/118分
監督:リー・タマホリ 脚本:デビッド・マメット
出演:アンソニー・ホプキンス アレック・ボールドウイン エル・マクファーソン

[story]
■妻の浮気相手として疑う写真家とともにアラスカの山中で遭難した大富豪の老紳士の葛藤劇。
「ハンニバル」のアンソニー・ホプキンスが主演。

【評価】7

感想

いや〜ワイルド。
サバイバーな映画でした。珍しくというかホプキンスがバリバリええ人の役でした。
このホプキンスの嫁さん役の人キム・ベイシンガーかと思った。結構似てる。
アレック・ボールドウィンでてるしまた夫婦で競演かなぁーなんて。違ったみたいやけど。

この映画観ると豆知識が一杯増えます。ホプキンスが雑学王やってて、サバイバル術が散りばめられてます。
超簡単コンパスは便利そう。更に「氷で火を起こす」ってのも、小学生のクイズみたいでした。
最初らへんは「景色もきれいし、自然に囲まれてピクニックみたいでうらやましいやん」とか思ったけど、中盤からはそんなこといってられません。
野生の人食い熊とのバトル。その後の二人の格好にはちょっと笑った。「えらい着込んだな」って。
バトルが終わったかと思うと、アレック・ボールドウィンとのややこしい人間関係。
最初っから、ずっと胡散臭い雰囲気してる。ええ味でてる。
ホプキンスも自分が知ってるのはじいさんしかイメージないから、今度若い頃のも観てみようかな。

最後に、「こんなに遭遇すると価値観変わるんやろうなぁー」って映画でした。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月06日

13ゴースト



13ゴースト

おすすめ平均
スピードのないジェットコースターのような恐怖?
凝った映像美ながら...
うげー、でも楽しい!

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'01 13 GHOSTS/米/ホラー/85分
監督/製作/脚本:ウイリアム・キャッスル
脚本:ロブ・ホワイト
出演:マシュー・リラード チャールズ・ハーバート
ジョー・モロー マーティン・ミルナー
ローズマリー・デ・キャンプ ドナルド・ウッズ

[story]
アーサーは火事で妻を亡くし、失意の中、娘キャサリンと息子ボビー、家政婦マギーの4人で生活していた。そんなある日、叔父で大富豪のサイラスが亡くなり、アーサーはその遺産として広大な屋敷を相続することになる。一家は早速サイラスの屋敷へ向かった。その屋敷は異様なほど頑強に造られており、壁には奇妙な文字が書かれている。入り口には心霊研究家を名乗るラフキンという男が彼らを待っていた。一家は恐る恐る屋敷の中へと足を踏み入れるが、内部はさらに奇妙な構造になっていた。やがて彼らは、そこに人間以外の何者かが潜んでいることを知るのだった…。1960年製作の同名映画を最新技術で完全リメイクした密室ホラー。監督は『ゴーストシップ』のスティーヴ・ベック。出演は『メン・イン・ブラック』のトニー・シャラブと『シンドラーのリスト』のエンベス・デイヴィッツ。

【評価】7

感想

おもしろかったと思う。
「CUBE+幽霊」ってな雰囲気が出てた。
マシュー・リラードはキモいねんけど、いつもいい味出してる。この人結構いいわ。キモいけど。
「スクリーム」「デッドマンズ・カーブ」とかええ役もらってる。キモいけど。
お父さん役も結構見る顔やな。どっちかいうとコメディよりな顔してるけど。
このうちのキッズ達はなんて身勝手な行動をとるねん。
まぁ、話上仕方ないけど、いつもこいうのにはイライラする。
短くてすぐ終わったし軽くていい感じ。
一番のヒーローは子守さんやったな。おいしいとこどり。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月05日

ザ・シャドー〜呪いのパーティ〜



ザ・シャドー 呪いのパーティ


Amazonで詳しく見る by G-Tools


'02 LONG TIME DEAD TITUS/英・仏/ホラー/94分

story
「ブリジット・ジョーンズの日記」の製作プロダクションが放つホラー。遊び半分でウィージャ(西洋版こっくりさん)に手を出した高校生たちが体験する恐怖を描く。パーティをしていた高校生らが遊び半分でウィージャを始めた。するとそこには“ALL DIE”の文字が…。

【評価】7

感想

久々にヒットしたB級映画。
なんか雰囲気とかが自分のなかの好き分野にドンピシャ。高校生ってとこでまずヒット。でもいつもながら高校生に見えん・・・。大人っぽ。
出てる人結構多めっぽいけど、みんなキャラが違うし、
誰が誰かすぐ見分けが付いてよし。
とりあえず、ステラ役(ララ・サルメント)の子がまぁナイスルックスやった。それとウェブスター役(ルーカス・ハース)の人が目ん玉でっかくてかわっこよかった。
イギリスとフランスにしたらかなり軽い雰囲気がある。
大概どんよりしたイメージがあるけど。内容的にも無理なんと現実のギリギリ現実よりで「ありえんけど、ありえそう」みたいな。
ウィージャってコックリさんやったんやぁ。びっくり。
途中ウェブスター君が追い詰められるところのシーンのある部分では結構口が開くようなびっくりシーンがあった。

最後の最後お決まりのパターンやけど、それがまたよし。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月28日

殺人ドットコム satujin.com



殺人ドットコム


Amazonで詳しく見る by G-Tools


'00 HANGMAN/米/サスペンス・ミステリー/96分
監督:ケン・ジロッティ
出演:
ルー・ダイアモンド・フィリップス メッチェン・アミック マーク・ウイルソン

■インターネット犯罪を描いたサスペンス。警察のモニターに突如あるゲームが映し出された。以来、問題をクリアしなければ殺人を実行し、正解を被害者のどこかに書き残すといった猟奇事件が立て続けに起きていく。

【評価】7

感想

もったいない。
序盤から中盤、そして終盤まで結構面白かったのに。
なんじゃあの終わり方。作品台無し。
正直、主演のルー・ダイヤモンド・フィリップスも好きではないタイプ。なんかキモイもん。B級映画とかでよく見かけるけど。
そこに目を瞑れば話の内容的には「久々にB級でヒット発見か!?」
と思ってんけどなぁ。

例えば、自作自演を録画するシーンとかの利用方法がわからんし、最後、無意味に思えたシーンが多すぎて、不完全燃焼でした。
あそこまでやっといて燃焼させろよ。
二転三転するいい内容やったのに。

更に邦題悪すぎ。
「殺人ドットコム」ってどっから出てきたんか謎。
普通に「ハングマン」以外にありえへんし。
センス無さすぎ。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月14日

ザ・ワン



ザ・ワン スペシャル・エディション

おすすめ平均
ジェットVSジェットは超必見!!!
かっこいい!
ジェットVSジェットは超必見!!!

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'01 THE ONE/米/SFアクション/87分
監督・製作・脚本:ジェイムズ・ウォン
出演:ジェット・リー ジェイソン・ステイサム

■「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のジェット・リー主演のSF。多次元宇宙を制覇しようとする自分自身との戦い

【評価】4

感想

ジェット・リーつよっ!

それだけです。
内容はないです。
単にジェット・リーが一杯。
ジェット・リーのプロモです。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年05月16日

ザ・コア

ザ・コア
B000657NP4アーロン・エッカート ジョン・アミエル ヒラリー・スワンク デルロイ・リンドー

おすすめ平均
stars終わり方は○
starsん?
starsなかなか
starsおもしろい
starsSFものが好きな人は必見

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'03米
出演・製作他
アーロン・エッカート ヒラリー・スワンク ブルース・グリーンウッド

【評価】7

チラシ

地球の核(コア)停止。人類は1年以内に滅亡する…
それは些細な予兆から始まった。
ペースメーカーをつけている人々の突然死。トラファルガー広場に散乱する無数の鳩の死骸。
方向を失い、制御不能に陥るスペースシャトル。

にわかに起こる不可解な異常現象の正体は何なのか?
我々の想像もつかない地下1800マイルに、その原因は隠されていた。
地球の中心にある核(コア)は回転することによって、磁場を発生させ
我々を宇宙放射線から守っている。
その核(コア)が停止したのだった。

沈黙する地球が我々に突きつける戦慄の宣告。
このままでは地球が焼き尽くされ、人類は一年以内に滅亡する。
果たして人類は滅亡のシナリオを書き換えることができるのか。

感想

すごいお金使ってそうな映画。
正直なところ地球滅亡の危機って「アルマゲドン」とか「インディペンデイスデイ」とかの二番煎じになってしまう。
この映画もその薫りがプンプンする。
地球のために自らの命を犠牲にして人類を救う。王道です。
この映画はやたらと専門用語が多いので一般人ではさっぱりな感じがあるかもしれない。
地球って電磁波で守られていたんですね。
前、「地球が止まったらどうなるやろう」と思ってたらその時期、映画の予告CMで「ザ・コア」を見てこらーみなあかんなって思ってたけど、地球自体の自転が止まるわけではなかったみたい。

内容が専門的すぎて専門家の助言を得てこの映画を作ったのか疑問。
全てハッタリならとんでもない映画。
まぁ、いってる内容はだいたいわかったけど。
しかもコアが止まった原因って「ディステニー」という人口地震発生装置を使ったアメリカに責任があるのでは!?

それの尻拭いしただけで英雄みたいになってるけど、そんなもん最初っから作るなって話。
地球救いの船に乗ったクルーが自らの責任感により次々に犠牲になっていゆく。←これってアルマゲドンとか他多くの作品でもある話でもう飽きてきた感がある。

いつもイライラするような行動をして死んでしまう人が多い。
「そこでそれを取りに行くかー?」みたいな。
それといつも予測していない事態に陥るからクルーは10人くらい乗っけてその内の半分くらい捨て駒として凶悪犯罪者でも使ったらいいんとちゃうか。

あと作戦実行チームが一チームしかない点も不満。
2,3のチームで同じ目的ならどれかが成功するからそうするべき。
しかし、お金使っているだけあって映像はすごい。
ローマの世界的遺産を次々に雷で壊してしまって「あーあ、やっちゃった」って思った。

感想としては、見てもいいけどものすごく面白いってわけでもなく面白くないか?といわれればそうでもなく、結構長い時間上映時間だったけどそれを感じさせないスピード感溢れる作品だった。
人類滅亡系は欠かさず見るという人は見てもよいかな。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。