2004年12月12日

NARC ナーク

NARC ナーク
スペシャル・コレクターズ・エディション
トム・クルーズ ポーラ・ワグナー レイ・リオッタ ジョー・カーナハン

おすすめ平均 
生活臭のある刑事たち
満足感!
現実感あふれる刑事物の傑作
スタイリッシュな映像美の刑事もの
とにかく見るべし!

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'2002 NARC /米・加/サスペンス/106分
監督・脚本:ジョー・カーナハン
製作総指揮:トム・クルーズ
製作:レイ・リオッタ
出演:ジェイソン・パトリックasニック・テリス刑事
レイ・リオッタasヘンリー・オーク警部補
ダン・リーズasエルヴィン・ダウド
ロイド・アダムズasウォルター・ダンドリッジ
チー・マクブライドasチーヴァース警部
クリスタ・ブリッジスasオードリー・テリス
アラン・ヴァン・スプレンジasマイケル・カルベス
アンナ・オープンショーasキャスリン・カルベス
バスタ・ライムズasダーネル・べリー

■同僚を殺された麻薬潜入捜査官が、手荒い捜査で問題の絶えない被害者の元相棒とともに捜査を開始する。

【評価】7

感想

かなり普通っぽい本格的サスペンス。
しかしレイ・リオッタいい。
いつもながらB級帝王。ちょっと汚職とかワルが入ってそうな刑事役みたいなんが多いけど、それでも毎回飽きへん。
今回タッグ組むのがジェイソン・パトリック。「スピード2」で一躍有名になったけど、それ以外はパッとしない感じ。でも今回は口ひげと髪型でかなり印象が違う。えらいおっさんっぽい。口ひげ効果大。

内容がいいね。
事件の真相に迫ると新たな真実が発覚してくるタイプ。
しかも最後のオチが「そいうことですか」と思った。
ま、そこまですごくはないけど、普通に普通。
レイ・リオッタの印象を巧みに利用しつつの良作でした。
製作総指揮にトム・クルーズってのは感想書くとき初めて知った。ほぉー。
ついでにNARCってなんじゃって思って調べたら、
1 麻薬取締官[捜査官];麻薬

2 密告者,たれこみ屋
らしい。ほぉほぅ、納得。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。