2006年03月29日

バタフライ・エフェクト

バタフライ・エフェクト
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディションアシュトン・カッチャー エリック・ブレス J・マッキー・グラバー

おすすめ平均
stars号泣ではなく、胸が締め付けられるラスト
stars微妙な変化が大きな違いに
starsまさに、せつないハッピーエンド。心に残ります。
stars今朝一時間早く起きていたら、人生何か大きな変化があっただろうか?
stars変えられる過去、変えられない未来

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'04 THE BUTTERFLY EFFECT 米/SFサスペンス/114分
監督: エリック・ブレス J・マッキー・グルーバー
製作: クリス・ベンダー A・J・ディックス アンソニー・ルーレン他
製作総指揮: ケイル・ボイター リチャード・ブレナー アシュトン・カッチャー他
脚本: エリック・ブレス J・マッキー・グルーバー
撮影: マシュー・F・レオネッティ
プロダクションデザイン: ダグラス・ヒギンズ
音楽: マイケル・サビー
音楽スーパーヴァイザー: ケヴィン・J・エデルマン

cast:
アシュトン・カッチャーasエヴァン
エイミー・スマートasケイリー
ウィリアム・リー・スコットasトミー
エルデン・ヘンソンasレニー

■初期のごく小さな差違が、将来的に予測不能な大きな違いを生じるというカオス理論を効果的に取り入れた異色サスペンス。“バタフライ・エフェクト”とは、カオス理論を“一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起きる”という喩えで表した有名な言葉。
少年時代、エヴァンは記憶を喪失する“ブラックアウト”を起こすことがしばしばあった。そこで、精神科の医師の勧めに従い日記をつけるようになるエヴァン。そんなある日、エヴァンが13歳の時、ひとつの出来事が原因で幼なじみケイリーとの仲が引き裂かれてしまう…。


【評価】6
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

花咲ける騎士道

花咲ける騎士道
花咲ける騎士道ヴァンサン・ペレーズ ジェラール・クラヴジック ペネロペ・クルス

おすすめ平均
starsヴァンサンの花のような笑顔!
starsまだまだいける!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'03 FANFAN LA TULIPE 仏/歴史ロマンス/100分
監督: ジェラール・クラヴジック
製作: リュック・ベッソン ミシェル・フェレ
製作総指揮: ベルナール・グルネ
脚本: リュック・ベッソン ジャン・コスモ
撮影: ジェラール・シモン
音楽: レプリカント ナレーション: ジャン・ロシュフォール

cast:
ヴァンサン・ペレーズasファンファン
ペネロペ・クルスasアドリーヌ
ディディエ・ブルドンasルイ15世
エレーヌ・ドゥ・フジュロールasポンパドゥール夫人
ミシェル・ミューラーasトランシュ=モンターニュ

■18世紀のフランスを舞台に、恋愛を楽しむ男“チューリップの騎士”ファンファンと愛を探す女“戯れの占い師”アドリーヌの恋の行方を描いたエンターテインメント活劇。

【評価】7
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

パッション

パッション
パッションジム・カヴィーゼル メル・ギブソン モニカ・ベルッチ

おすすめ平均
stars敬虔な気持ちになります。
starsキリストの苦しみの状況が良くわかる
stars残酷...。
stars体験したような...
stars過去描かれてきた宗教画を、映画というメディアで再構成したもの

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'04 THE PASSION OF THE CHRIST 米・伊/歴史ドラマ/127分
監督・製作・脚本: メル・ギブソン
製作: ブルース・デイヴィ スティーヴン・マケヴィティ
製作総指揮: エンツォ・システィ
脚本: ベネディクト・フィッツジェラルド
撮影: キャレブ・デシャネル
編集: ジョン・ライト[編集]
音楽: ジョン・デブニー

cast:
ジム・カヴィーゼルasイエス・キリスト
マヤ・モルゲンステルンasイエスの母マリア
モニカ・ベルッチasマグダラのマリア
ロザリンダ・チェレンターノasサタン
クラウディア・ジェリーニasクラウディア
ルカ・リオネッロasイスカリオテのユダ
フランチェスコ・デ・ヴィートasペトロ
フリスト・ジフコフasヨハネ
マッティア・スブラジアas大祭司カイアファ
フリスト・ナーモフ・ショポフas総督ピラト
セルジオ・ルビーニasディスマス
トニ・ベルトレッリasアンナス

■イエス・キリスト最後の12時間と復活を描き世界各地で空前の大ヒットを記録。

【評価】3
 
続きを読む
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

バレット モンク

バレットモンク
バレット モンクチョウ・ユンファ ポール・ハンター ショーン・ウィリアム・スコット

おすすめ平均
starsヤツにはツインベレッタがよく似合う…
stars前略、チョウ・ユンファ様。
starsそんなに
stars弾など効かぬ!!!
stars過度の期待さえしなければ良いでしょう。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'03 BULLETPROOF MONK 米/アクション/103分
監督: ポール・ハンター
製作: テレンス・チャン
チャールズ・ローヴェン
ダグラス・シーガル
ジョン・ウー
脚本: イーサン・リーフ
サイラス・ヴォリス
撮影: ステファン・チャプスキー
アンソニー・ノセラ
音楽: エリック・セラ

cast:
チョウ・ユンファasチベット僧
ショーン・ウィリアム・スコットasカー
ジェイミー・キングasジェイド/バッドガール
カレル・ローデンasストラッカー

■超人的な力を持つチベット僧が、大都会ニューヨークで後継者探しをするヒーロー・アクション・コメディ。

【評価】3
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

バーバレラ

バーバレラ
バーバレラ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'67 BARBARELLA 米・仏・伊/SFエロティック/102分
監督: ロジェ・ヴァディム
製作: ディノ・デ・ラウレンティス
原作: ジャン=クロード・フォレスト
脚本: クロード・ブリュレ ロジェ・ヴァディム他
撮影: クロード・ルノワール
音楽: ミシェル・マーニュ チャールズ・フォックス

cast:
ジェーン・フォンダasバーバレラ
ジョン・フィリップ・ロー ミロ・オーシャ


■素晴らしい無重力ストリップのタイトルバックが終わると、バカンスを楽しむバーバレラに無粋な地球の大統領からのTV電話。“宇宙破壊光線”を発明したデュラン=デュラン博士をふんづかまえなさい−−との指令に…

【評価】4
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

バリスティック

バリスティック
ルーシー・リュー アントニオ・バンデラス

おすすめ平均
そこそこ
お宝?
つまらない
音でごまかせ!
アクション・アクション・アクション

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'02 BALLISTIC: ECKS VS. SEVER 米・独/アクション/90分
監督・製作:カオス
脚本:アラン・マッケルロイ

cast
アントニオ・バンデラスasエクス
ルーシー・リューasシーバー
グレック・ヘンリーasガント
レイ・パークasロス
タリサ・ソトasヴィン

story
■国家的陰謀に巻き込まれた元FBIエージェントの男と、最強の女殺人マシーンとの壮絶な闘いを空前の爆破回数でド派手に描いたサスペンス・アクション。

【評価】2

感想

爆発。 それだけ。
アクションシーンは爆発が派手でした。
この手のアクションで主役級キャラの復讐劇に巻き込まれるザコキャラの家族が気になる今日この頃。
「ザコキャラにも家族はいるんだぞ!」とか言ってみる。
真剣に書くことないです。


【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

バッド・ボーイズ

バッド・ボーイズ
マーティン・ローレンス マイケル・ベイ

おすすめ平均
COOL!!

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'95 BAD BOYS 米/犯罪アクション/118分
監督:マイケル・ベイ
製作:ジェリー・ブラッカイマー
脚本:マイケル・バリー ジム・マルホランド ダグ・リチャードソン
CAST:
マーティン・ローレンスasマーカス・バーネット
ウィル・スミスasマイク・ラーリー
ティア・レオーニasジュリー・モット
チェッキー・カリョ ジョー・パントリアーノ

Story
■警察内部のヘロイン強奪事件を捜査するため、刑事コンビが大活躍する。

【評価】4

感想

結構前に先に2の方を観たからたまたまやってたんで観てみると物凄く普通でした。
自分的には2の方が面白かったかなと思います。
ティア・レオーニが綺麗でそれだけでよかった気もするけど、どうもパンチ力の無いアクションでした。
主演の二人は若い。特にマーティン・ローレンスの方は若かった。2の時はだいぶ中年太りした感があった。

それ程印象に残るような映画でもないのでオススメはできないけど、同じような2だけ観ちゃって気になってる人は観てもよいかも。


【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

ハンテッド

ハンテッド
ベニチオ・デル・トロ ウィリアム・フリードキン トミー・リー・ジョーンズ コニー・ニールセン レスリー・ステファンソン デヴィッド・グリフィス

おすすめ平均 
原作を読みました
そうくるか
まあまあ
素直に面白いアクション映画
「さすがエクソシスト」

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'2003 米 THE HUNTED /アクション/94分
監督:ウィリアム・フリードキン
(『英雄の条件』『エクソシスト』『フレンチ・コネクション』)
脚本:デヴィッド・グリフィス ピーター・グリフィス アート・モンテラステッリ
出演:
トミー・リー・ジョーンズasL.T.
ベニチオ・デル・トロasアーロン・ハラム
コニー・ニールセンasアビー・ダレル
レスリー・ステファンソンasアイリーン

■「フレンチ・コネクション」のフリードキン監督が描くバイオレンス。元特殊部隊の精鋭ながら過酷な戦場で人格を破壊され、残忍な殺人を繰り返すハラムを捕まえるため、かつて彼に戦術を教えた元教官L.T.が追跡する

【評価】4

感想

なんかショボ。
話的に「ランボーみたいやなぁー」とか思いながら観てた。
このベニチオ演じるアーロンの動機がイマイチ不明。
戦場に出て気がふれて殺人マシーンになっちゃった、と理解するしかなさそう。
ランボーの教官が自ら頑張って犯人を追いかける版、みたいな映画。
大して見る価値無し。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

ハードキャッシュ

ハードキャッシュ
クリスチャン・スレーター


Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'02 RUN FOR THE MONEY/米/SFホラー/99分
監督:ピーター・アントニエヴィッチ
脚本:ウィリー・ドレイファス
CAST:
クリスチャン・スレイターasテイラー
ヴァル・キルマーasコーネル
ダリル・ハンナasバージニア
サラ・ダウニングasペイジ
バルサザール・ゲティ
ピーター・ジェイソン

Story
■娘を人質にカジノの収益金強奪を迫られたすご腕の強盗と悪徳捜査官の頭脳戦を描く。

【評価】6

感想

クリスチャン・スレーターこいーいう役多いな。知能犯。
確かに悪そうな顔で知能も備えてそう。
ヴァル・キルマーは今回ちょっとちょい役程度の出演。
クリスチャン・スレーター演じるテイラーの強盗の手口がみごと。
かなり綺麗な仕事をしはる。
基本は誰もケガさせることなく金だけ奪うってやつですね。
しかしこのヴァル・キルマー演じるFBI捜査官は微妙でした。
あぁ、それと「オースティン・パワーズ」のミニミーの人出てました。
基本的にはB級映画なんで作り込みが甘いんですが、これまた軽く見れる映画でした。
自分的にはペイジ役の子がかわいっかったからそれだけでよかったです。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

ハウルの動く城

ハウルの動く城 サウンドトラック

久石譲

徳間ジャパンコミュニケーションズ
2004-11-19
売り上げランキング 854

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハウルの動く城 主題歌 世界の約束 イメージ交響組曲 ハウルの動く城 空想美術館 プライベート World Dreams


ハウルの動く城

おすすめ平均 
星は5つで問題ないが。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原題 HOWL'S MOVING CASTLE
【監督脚本】宮崎駿
【プロデューサー】鈴木敏夫
【原作】ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
『魔法使いハウルと火の悪魔』(徳間書店刊)
【制作: スタジオジブリ 】宮崎駿

【声の出演】
倍賞千恵子…ソフィー
木村拓哉…ハウル
美輪明宏…荒地の魔女
我修院達也…カルシファー 神木隆之介…マルクル
伊崎充則…小姓 大泉洋…かかしのカブ
大塚明夫…国王 原田大二郎…ヒン
加藤治子…サリマン


【上映時間】 1時間59分 2004日本 11/20(土)〜
公式サイト http://www.howl-movie.com/

【評価】4

チラシ

ふたりが暮らした。

| STORY |

 舞台は、19世紀末の欧州の近未来画家たちが思い描いた、魔法と科学が混在する世界。ある日、18歳の少女ソフィーは荒地の魔女に呪いをかけられ、90歳の老婆になってしまう!そんな彼女の前に現れたのが、魔法使いのハウル。ふたりは、ハウルの居城で奇妙な共同生活を始めるが、その巨大な城は、なんと、4本の足で歩く。人々が恐れおののく「動く城」だった…。

≪感想≫


な〜んか物足りね。
キムタコ、おっとキムタクが初声優挑戦とか宮崎駿最新作で話題ですが、どうもそんな感じ。
作り込みが甘いねんなぁー。
キムタクの声優はキムタクっぽさは全く感じなかったんでそれなりによい仕事したと思います。
キムタクっぽかったらもっとムカついてたと思う。
ってかキムタクの声がキムタクっぽくなかったってことは何故奴を使う必要があったのか謎。

今作の雰囲気とかは近頃の駿っぽさを感じませんでした。なんていうか歴代の雰囲気に近い感じ。
「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」「風の谷のナウシカ」その辺り。
序盤から中盤くらいにかけては結構いい感じやったけど、後半から最後はどうも突っ込みたくなる。
物語の入りとか中盤での荒地の魔女とソフィーのシーンとかは面白かったけど、どうもイマイチ。
最後も最初の目的みたいなもんが蔑ろにされた感じ。
あの子の呪いが解けたのかどうかとか…。
更にカカシは誰に何故呪いを掛けられたのかとか。
色々思うことはあるけど。

全体的にこの作品からのメッセージ性みたいなものは全くと言っていいほどなかった。
この映画のテーマみたいなもんもようわからんし、何やったんやろ。
posted by Roy at 00:00| Comment(5) | TrackBack(5) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月04日

バイオハザード



バイオハザード

おすすめ平均
ゾンビ犬に感動
怖いより美しいと思うた。
ゲーム感覚&ミラ・ジョヴォヴィッチの二重効果

Amazonで詳しく見る by G-Tools


監督・脚本:ポール・W・S・アンダーソン
出演:
ミラ・ジョヴォヴィッチasアリス
ミシェル・ロドリゲスasレイン
エリック・メビウスasマット
ジェームズ・ピュアフォイasスペンス

【上映時間】 1時間41分 2002米・独・英

| STORY |

■同名人気ゲームを原作に人類の存亡をかけた戦いを描くSFアクション。

【評価】8

≪感想≫

ミラ・ジョヴォヴィッチはほんま綺麗。
そういえばバイオハザードはこんな話でした。
当時このジャケ写がめちゃめちゃ好きで待ち受けにしてました。
一回目観たのが2002年8月19日に試写やったからもう遥か昔でとっくにどんなんか微妙にしか覚えてなかった。
アンブレラ社特殊部隊の隊長男前やったなー。すぐ刻まれるけど。
ついでに内通者のリサも美女やなあ。
このスペンスって人ヒュー・ジャックマンに微妙やけど似てると一回目の時も思ったのを思い出した。
先日Uを観たけど、かなり繋がってるなぁー。
最後ちゃっかりこっそり「ネメシス計画の実験台にする」とか言ってたのか。なるほどね。
気のせいかUよりも綺麗やと思う。いや、気のせいではなくU観た時もそれ思った。
ゾンビ化した社員と肉弾戦の時、ミラの太股に挟まれるシーンで決められてる方ちょっと半笑いやった。どことなく嬉しそうでした。
そして二回目故に発見してしまったことがある。
内通者と話ししてるシーンでよく見ると、ミラジョボ鼻毛出てた。
ま、ミラジョボの美しさの前ではそんぐらいどうってことないけどな。
このシリーズ一体どこまでいくのか。楽しみ。

2回目
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

バイオハザードU アポカリプス

バイオハザード II アポカリプス デラックス・コレクターズ・エディション
B0001M3XI8ミラ・ジョヴォヴィッチ アレクサンダー・ウィット シエンナ・ギロリー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RESIDENT EVIL: APOCALYPSE

【監督】 アレクサンダー・ウィット
【製作・脚本】 ポール・W・S・アンダーソン
【製作総指揮】
ベルント・アイヒンガー サミュエル&ヴィクター・ハディダ ロバート・クルツァー
【編集】 エディ・ハミルトン
【音楽】 ジェフ・ダナ
【撮影】 クリスチャン・セバルト
【出演】
ミラ・ジョヴォヴィッチasアリス
シエンナ・ギロリーasジル・バレンタイン
エリック・メビウスasマット
ジャレッド・ハリスasアシュフォード博士

【上映時間】 1時間31分 2004米 9/11(土)〜
公式サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/residentevilapocalypse/

【評価】8

チラシ

タイムリミットは4時間、少女を救って脱出せよ。

泣かない。
すべてが終わるまで。

| STORY |

あれから36時間
私は闘う、生き残ったからには。

アリスが封印したハイブの扉は、アンブレラ社によって、再び開かれた。アンデッドに支配された、ラクーンシティ。病院で目覚めたアリスは、導かれるように街へと向かう。

ラクーンシティ消滅まで4時間。
私は負けない、ここから脱出するまで。

アリスは、数少ない生存者と行動を共にしていた。そこへ1本の電話が入る。まもなく核爆弾が投下されると告げられた―。街が消滅するまで、あと4時間しかなかった。

ミッションは少女を救うこと。
私は逃げない、たとえ傷ついても。

電話の主は“T-ウイルス”の発明者、アシュフォード博士だった。現在、博士の娘は行方不明。少女を救出すること―。脱出するため、アリスの新たな宿命が動き出した。

知ってしまった本当の運命。
私は泣かない、すべてを終えるまで。

最強の暗殺者が現れた。肉体が金属と融合したヒューマノイド“ネメシス”。彼の正体を見破ったアリスは、闘うことを拒む。彼女は悟った、T-ウイルスに隠された真実を―。

アリスとジル、戦士は2人。
一緒に闘う、最後のそのときまで。

アリスと共に少女を救い出す、ジル・バレンタイン。特殊部隊S.T.A.R.S.メンバーで、颯爽とアンデッドに立ち向かう。アリスとジル―。2人の戦士が、悪夢を打ち抜く。

≪感想≫

久しぶりの傑作でした。
始まりから常におもろ。
今回はミラジョボは出さんのかなと思いきややっぱり出た。
絶対
監督:「ミラ、すまんが今回そいうシーンがなくて例のは無用だ」
ミラ:「なんですって?いや無理やりにでもそのシーン追加してください」
監督:「いや、いいって、マジで」
ミラ:What(ホワァ〜ット)?何いってるんですか?もう責任というか義務です。常にファンは私に期待してます。今回も絶対期待に答えます」
監督:「…そこまで言うんなら減るもんでもないし、いっときますか」
ミラ:「Absolutely(喜んで!!)」
とのやり取りが裏であったと思われる、
お決まりのポロリ 豆2つポロリ
ジル役の人も結構きれいな人で満足でした。2人目のスレンダー美女。
ってかもう一人ぐらい野郎、クリスみたいなんがおってもよかったかな、っと個人的には思う。
それは置いといて、今作の方がよりバイオハザードっぽかったと思います。
ゲームはいっちゃん初めのプレステのしか知りませんが、凶暴化した犬とか建物の雰囲気とかよりゲームの雰囲気に近づいていたのではないかな。
気持ち悪い、ちょっとプレデター入ったボスキャラ、めちゃ強いアリス、サポート仲間のジル・バレンタイン。
T-ウィルスに感染しゾンビ化した住民。28日後...とかドーン〜よりも元祖ゾンビっぽい動きだったのでは?元祖知らんから想像ですが。
それにしても良く出来てたと思う。
ゾンビとかそいう見方するのではなくて、バイオハザードとして観るとすごくよかったと思います。
前作からの繋がり方とか完璧。かといって前作を知らん人でも見れるようになってる話。
なんか「24」とかに近いというか前作からほとんど時間が経ってなくてその経緯とかも入ってたし、前作の終わりからスタートする今作は、スピーディなガンアクションとかがかなりよかったかな。
無駄のない展開でスピーディに展開されるサバイバラスな話。
上映時間1時間31分というのは見るにはベストな時間かと。
そのうち次回作に繋がる入りの話が入ってたので今作そのものは1時間15分くらいかと。ラストのあれはちょっとベジータ思い出しました。
これシリーズDVDとか出たらコンプして一気に観るとよりおもしろいかも。
ということで出来る事ならおさらいしてからしてから観た方がより楽しめそうです。
にしてもアンブレラ社すごい力もった会社だ。なんでも闇に葬れる。
こいうところに就職したら破格の給料もらえそう。法律余裕で無視やし。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月22日

ハリウッド的殺人事件



ハリウッド的殺人事件
コレクターズ・エディション


おすすめ平均
どうですかね?
野菜サンドのように軽く
音楽はイイ!

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'03米
出演・製作他
ハリソン・フォードasジョー・ギャヴィラン
ジョシュ・ハートネット『パール・ハーバー』asK.C.コールデン
レナ・オリンasルビー
ブルース・グリーンウッドasベニー・マッコ

監督:ロン・シェルトン
脚本:ロバート・ソウザ&ロン・シェルトン

【評価】7

チラシ

ここは、刑事も夢見る魔法の街―――。
 若者の名前は、K.C.コールデン(ジョシュ・ハートネット)――職業は警官で、若い女性向けのヨガのインストラクターを副業にしている。女性にはモテモテだが仕事には初心な彼は、巡査から念願の刑事に配属されたばかり。だが、刑事という職業はK.C.の人生の全てではなかった。実は、彼の本当の夢は(この街の多くの若者がそうであるように!)俳優になることだったのだ・・・。
 ハリウッド殺人課でのK.C.の教育係りは、名刑事として数々の伝説を誇るベテラン刑事ジョー・ギャラヴィン(ハリソン・フォード)。だが、長年の仕事の重圧と、2度の離婚による心の傷が彼を次第にすり減らし、いまや夢中になれるのは副業の不動産仲介業くらいのもの。それでも時としてジョーがみせる鋭い洞察力は、≪伝説の名刑事≫の片鱗をうかがわせた。そんな刑事たちの≪事情≫にはお構いなく、世界で最もきらびやかなこの街では、人々の欲望に満ちた犯罪が後を絶たない。今日もまた新しい事件が――超満員のライブ会場で、人気ラップ・グループのメンバー全員が射殺されたのだ。300人もの観客が目撃していたにもかかわらず、手がかりはゼロ。しかし、音楽界の大物フィクサーや敏腕プロデューサーが暗躍するこの殺人事件には、思わぬ真相が隠されていた。そして、この事件がやがて新旧2人の刑事の人生をも変えてしまうことを、当の本人たちはまだ知る由もなかった・・・。

感想

この作品はハリソン・フォードに尽きる。
序盤はそこそこコメディチックな展開かつ調査シーンが多いけど、終盤に掛けてのハリソン・フォードの老体に鞭打った頑張りには笑った。
自分は笑えたシーンはハリソン・フォードが女の子からある物を奪ったシーンくらいかな。しかし、ハリソン・フォードはおじいちゃんになったなぁ。
まぁ、「エア・フォースワン」とかでもたいがいおじいちゃんになったと思ったけど、今回は更に、おじいちゃん色が強くなってた。
ジョシュはなんかほんまにこの映画のキャラみたいな感じがするな。
実際はわからんけど。
真剣なサスペンスではなく、コミカルな2人の活躍を描いた面白系サスペンスかな。
ジョシュ、ハリソンファンは見たら楽しめると思う。
トータル的に可も不可もなくってとこやな。

なかなか二人の息も合ってていいコンビやったし、続編とかシリーズ化してもいいんとちゃうかな?って思った。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月05日

バッドボーイズ 2バッド



バッドボーイズ 2バッド
デラックス・コレクターズ・エディション


おすすめ平均
演技!?それとも自然体??
ぶっとび!!
超ど級のアクション映画。

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'03米
出演・製作他
ウィル・スミス マーティン・ローレンス
製作:ジェフリー・ブラッカイマー 監督:マイケル・ベイ

【評価】5

チラシ

マイアミからキューバへ、もう誰も彼らを止められない!
マイアミを舞台に展開するド迫力カーチェイス、白昼の市街地で繰り広げられる銃撃戦。麻薬密輸ルート壊滅のための捜査は過激さを増す。そして人質を取りキューバへ逃亡した麻薬王の追跡は、やがて国家を無視する極秘プロジェクトとなり、MIPD、CIA、ネイビーシールズの精鋭たちが参加する。まさに男たちの"戦場"となってゆく。

感想

どうなんかなー。
微妙。普通。アクションが好きな人にはいいんとちゃうかな。
自分的にはイマイチ。
まず、内容が荒削りやったような。
なんかミッションとか行っているけど、理由とか、組織同士の関係とか、かなり序盤は意味がわからなかった。
タレ込み屋からの情報でギャングが何かを襲うとかいうシーンあたり。
正直内容どうこうより、アクションシーンを見てくれって映画やと思う。
マイケル・ベイとジェフリー・ブラッカイマーのコンビはこの作品で
やりたいアクションシーンを全てやりきったといっているって司会の人が言っていたけど、
そうやとしたら二人のやりたかったことって大したことないような・・・。
なーんか物壊しまくりゃーいいとか思ってそう。
マイケル・ベイのカメラアングルとかは結構うまいと思うとこも多かった。
スローを使うところとか。

主演二人のコンビで面白かったなと思ったシーンは
マーティン・ローレンスの娘に彼氏が出来て、
遊びに行こうと誘いに来た時の二人の脅しが面白かったくらいかな。
それ以外はクスっと笑う程度。
終盤は爆破、爆破めちゃめちゃ派手な爆破シーンだけ。
いらんといえばいらんかった。
全体的に長い。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月19日

ファム・ファタール



ファム・ファタール

おすすめ平均
一度じゃ足りない
悪女はまり役
デ・パルマでした。やっぱり。

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'02米
出演・製作他
レベッカ・ローミン=ステイモス アントニオ・バンデラス
監督・脚本:ブライアン・デ・パルマ

【評価】3

チラシ

カンヌ国際映画祭のレッドカーペットで、強奪のドラマが始まる。カメラマンに扮したロール(レベッカ・ローミン=ステイモス)がダイヤのビスチェを身に纏ったヴェロニカ(リエ・ラムッセン)に近づく。巧みな技で1000万ドルの宝石を奪い、仲間の男たちを出し抜き逃走するロールは、赤の他人に成りすましフランスを後にする。7年後、パリに着任したアメリカ大使の夫人は、頑なに顔を見せないことで知られていた。カメラマンのニコラス(アントニオ・バンデラス)がスクープした夫人の素顔は…。

まず、美しく知的でなければならない。同時に、淑女と悪女を使い分け、挑発、誘惑、裏切りを華麗に仕掛ける天性のペテン師=女優であること。それが"ファム・ファタール"の条件だ。そんなヒロインに抜擢されたのは、90年代にスーパーモデルとして鳴らし、近年は『X−MEN』シリーズの"ミスティーク"役でも異彩を放つレベッカ・ローミン=ステイモス。女の武器を駆使して生き抜いてゆくロール役を演じ、まさに彼女の独壇場だ。

ピーター・コヨーテを軽く手玉に取り、いつもはマッチョなアントニオ・バンデラスにも主導権を握らせない。強烈なヒロイン像に加えて、フランス語で話すべき人物がフランス語を使っていることが、パリを舞台にしたこのサスペンスに説得力を与え、他の作品と一線を画す結果となっている。

感想

うん、つまりません。これはなんというかなんなんだ?
話のまとまりが悪いというか、ぶっちゃけ最後のオチのための前置きが長すぎるかな。
最後オチを付けたいがための序盤って言う感じ。

バンデラスも個人的に好きではないし、このレベッカさんもX-MENシリーズで健気な役やなくらいしか印象ないし、話が結構飛び飛びな感じがして、前との繋がりを確認するのに大変。
人間関係とかもありえんくらいすぐに親密になるし、最初の強奪した時の三人組の関係も曖昧。

オチもたいしたことなく、サスペンスなんだかよくわからん感じで、最後らへんとか自殺を止めて「新しい人生を送りなよ」みたいに、ちょっといい話になってたし。

あと、面白いことを発見!偽装誘拐で旦那に身代金を要求してお金を橋の上に持ってこさせたシーンで、黒人さん達が現れて、一言。
「やりあがったな!」です。「やりやがった」ではなく「やりあがった」です。
間違ってますよね?

それにしてもこの女優さんは綺麗やったと思う。
さすが、元スーパーモデルってシーンがところどころあり、セクシーという言葉がぴったりだった。
最後にありかなしかと聞かれれば、なしの方向で。そのくらいあんまりよくはなかった。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月21日

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち



パイレーツ・オブ・カリビアン
呪われた海賊たち
コレクターズ・エディション


おすすめ平均
意外な見所!!
とにかくジョニー!!
グッドエンターテイメント!

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'03米
出演・製作他
ジョニー・デップ オーランド・ブルーム ジェフリー・ラッシュ
キーラ・ナイトレイ

【評価】6

チラシ

カリブ海の港町ポートロイヤル―美しい総督の娘エリザベスは、子供の頃にウィルという少年から手に入れた黄金のメダルを今でも大切に身につけていた。
ある日、町はバルボッサが率いる冷酷な海賊たちに襲われる。精悍な若者に成長したウィルは、剣を手に勇敢に敵に立ち向かう。
だが、奇怪なことに海賊たちは心臓を剣で貫かれても甦り、決して死ぬことはなかった。
バルボッサの目当ては町の財宝ではなく、エリザベスの黄金のメダルだった。
海賊たちはエリザベスをさらい、ブラックパール号で出航する。
エリザベスに思いを寄せるウィルは、彼女を救うために一匹狼の海賊ジャック・スパロウと手を組む。
ジャックはバルボッサの秘密を知る数少ない人間の一人であり、恐るべき真実をウィルに告げた。
呪いにかけられたバルボッサとその手下たちは生ける屍であり、月の光の下でその忌まわしい真実の姿をさらす。
そして、その呪いを解くために、エリザベスの黄金のメダルが不可欠だというのだ―。

感想

結構期待していたわりにイマイチな感じだった。
というのも2時間半近くある話なのになぜか流れが遅いというか、同じことを繰り返すようなシーンが多く感じられ、捕まったり、逃げたり、追いかけたり、その繰り返し。

キャラとかの設定や俳優人には大満足なのだが、そういう点で何かもやもや感が残った。
俳優は今が旬のオーランド・ブルームや実力のあるジェフリー・ラッシュ、少し不気味な役もこなすジョニー・デップ、そしてこれから大注目されてるキーラ・ナイトレイと超豪華。
この俳優陣だけでも一見の価値がある。
女性ならオーランド、ジョニーに惚れ惚れしながら見るもよし、男性ならキーラ・ナイトレイが可愛いからそれだけでも目の保養になる。このキーラ・ナイトレイはかなり綺麗。系統的にいうとエステラ・ウォーレン系か。美人。
ジョニー・デップが演じるジャック・スパロウの軽い薬中ちっくな乗りはジョニー・デップとばっちり合っているし、結構みんなにウケていた。

時代の舞台である中世とかの衣装とかもよかったし、「ILMによる脅威のVFX映像」とチラシにあるだけVFXも凄く、骸骨などその他のCGシーンに違和感がない。
と結構満足してるようだが、なぜかピンと来るものが無かった。
しかし、夏の本命はハルクかこれかといわれれば、やはり俳優陣と話題性を考えればこちらに分がある。
俳優名を見て「おっ!」と思った人は見るといいと思う。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月17日

ハルク



ハルク

おすすめ平均
何となくだるい
何も考えずに楽しめる3Dのマンガ
2は?

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'03米
出演・製作他
エリック・バナ ジェニファー・コネリー ニック・ノルティ
監督 アン・リー

【評価】7

チラシ

遺伝子学者ブルースは、ある実験中、致死量のガンマ線を全身に浴びるという、予期せぬ事故に巻き込まれた。
彼は奇跡的にも無傷だったが、やがてそれは、世界を震撼させることになる、想像を絶する壊滅的な事態へと発展していく…。
彼は、"怒り"の感情と共に、緑色をした醜く巨大なモンスターへと変身した。
ブルースの姿ではない"ハルク"は、彼を捕獲しようとする軍の攻撃も恐れず、もはや誰にもその力を止めることは不可能に思えた。
しかも"ハルク"は、攻撃を受けるほど、パワーを全身に漲らせ巨大化した。
世界がハルクを恐れたが、ブルースの恋人ベティだけが、"ハルク"の中の"ブルース"を信じ、彼の怒りを静めることが可能だった。だが…

感想

このアン・リー監督という人はあんまり知らないのだが、ハルクの撮影アングル、撮影効果は凄まじいほどスタイリッシュに洗礼されている。

自分はアクション大作といわれる映画を見てだいたいCGってバレバレやし好きではないんやけど、この映画はバレバレやけども「すっげぇ〜!」と思った。
映画の流れが素晴らしく、科学の知識もそないに必要ではなく、万人受けしやすい内容。
最初のブルースの生い立ちをスピード感溢れる映像で紹介し、それがまたトラウマであるという印象付けの伏線になっているという一石二鳥さ。
アメコミにしたらあまりにも現実離れしていない点もよかった。

まぁ、無理っちゃあ無理やけど、結構「なるほどねぇ〜」って感じ。
ただなぜハルクが緑色なのかは謎。
DNA操作に含まれる動物とかは別に緑ではないのに。

それにしてもこの映画は作り手がこだわりをもって製作しただけあって、かなりいい感じに仕上がっている。
なんといっても映像のスタイリッシュさ。これはかなり評価できる。

ブルースを軍の砂漠にある基地に監禁するため輸送するシーンでもただ普通に撮るのではなく、カメラ割り、スピード感など映像マジックが施されている。
全編カメラ分割とか視覚効果みたいなんで溢れている。

内容もそこそこ面白いし、夏休み映画本命といわれるだけあって大迫力の映画館で見れば結構楽しめるかもしれない。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。