2006年01月20日

キャリー

キャリー
キャリーシシー・スペイセク ブライアン・デ・パルマ

おすすめ平均
stars結構盛り上がるクライマックス
stars母子密着と少女の成長といじめが混ざった映画
starsこれだけ、やられれば切れるよ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1976 CARRIE 米/ホラー/98分
監督: ブライアン・デ・パルマ
製作: ポール・モナシュ
原作: スティーヴン・キング
脚本: ローレンス・D・コーエン
撮影: マリオ・トッシ
美術: ジャック・フィスク
音楽: ピノ・ドナッジオ

cast:
シシー・スペイセクasキャリー
パイパー・ローリーasマーガレット
ウィリアム・カット
ジョン・トラヴォルタ

■超能力少女を描いたS・キングのベストセラーを映画化。友人からも嫌われ、母親からも疎まれている、さえない容姿の女子高生キャリー。重苦しい雰囲気の中で展開される悲劇の物語に娯楽性は少ないものの、ビジュアルによる強烈なインパクトを残す。

【評価】7
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

キング・アーサー

キング・アーサー
キング・アーサークライヴ・オーウェン アントワン・フークア キーラ・ナイトレイ

おすすめ平均
starsアーサー王伝説を換骨奪胎したはいいが、なんとも退屈で華のないストーリーになった・・・
stars待ちに待った作品
starsいいんだけど、微妙!
stars味のある映画です
stars歴史的背景がサッパリ???

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'04 KING ARTHUR 米・愛/歴史劇ドラマ/126分
監督: アントワーン・フークア
製作: ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮: ネッド・ダウド チャド・オマン マイク・ステンソン
脚本: デヴィッド・フランゾーニ
撮影: スラヴォミール・イジャック
編集: コンラッド・バフ
音楽: ハンス・ジマー

cast:
クライヴ・オーウェンasアーサー
キーラ・ナイトレイasグウィネヴィア
ヨアン・グリフィズasランスロット
ステラン・スカルスガルドasセルディック
スティーヴン・ディレインasマーリン
マッツ・ミケルセンasトリスタン
ジョエル・エドガートンasガウェイン
ヒュー・ダンシーasガラハッド
レイ・ウィンストンasボース
レイ・スティーヴンソンasダゴネット
ティル・シュヴァイガーasシンリック
イヴァノ・マレスコッティasゲルマヌス

■大ヒットアドベンチャー「パイレーツ・オブ・カリビアン」を手掛けたプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが西洋文史上最大の伝説“アーサー王と円卓の騎士”の物語に挑んだ歴史スペクタクル・ロマン。

【評価】3
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(2) | TrackBack(2) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

キャプテン・スーパーマーケット/死霊のはらわた3

死霊のはらわた3 キャプテン・スーパーマーケット〈ディレクターズカット版〉
キャプテン・スーパーマーケットブルース・キャンベル サム・ライミ エンベス・デイビッツ

おすすめ平均
stars「腕よさらば」
stars非EVIL DEAD
starsホラー?コメディー?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'93 ARMY OF DARKNESS 米/ホラー/93分
監督: サム・ライミ
製作: ロバート・タパート
脚本: サム・ライミ アイヴァン・ライミ
撮影: ビル・ポープ
特殊メイク: KNB EFX
音楽: ジョセフ・ロドゥカ

cast:
ブルース・キャンベル エンベス・デイヴィッツ マーカス・ギルバート


■原題・邦題共に独立したものになっているが、紛れもない「死霊のはらわた」第3弾であり、前作のラストで中世にタイムスリップした主人公アッシュのその後の死闘を描く。落ち着きの無いカメラワーク、笑いのツボを押さえたライミの演出、KNBグルーブによるSFX、そしてB・キャンベルの一人芝居まで全てがエスカレート、勢いだけで映画はこれだけ面白くなるという良い見本。

【評価】3
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

ギャンブル・プレイ

ギャンブル・プレイ
ギャンブル・プレイニック・ノルティ ニール・ジョーダン チェッキー・カリョ レイフ・ファインズ

おすすめ平均
starsクライムストーリーでは「失敗を許す」のは許されないぞ
starsDVDを買うこと自体がギャンブル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'02 THE GOOD THIEF 英・愛・仏・加/サスペンス/109分
監督・製作総指揮・脚本: ニール・ジョーダン
製作: シートン・マクリーン ジョン・ウェルズ スティーヴン・ウーリー
製作総指揮: クリスティン・ハームズ ティエリー・ド・ナヴァセル
オリジナル脚本: ジャン=ピエール・メルヴィル オーギュスト・ル・ブルトン
撮影: クリス・メンゲス
音楽: エリオット・ゴールデンサール

cast:
ニック・ノルティasボブ
チェッキー・カリョasロジェ
エミール・クストリッツァasウラジミール
ナッサ・クヒアニチェasアン
レイフ・ファインズas画商
サイード・タグマウイasポーロ
ジェラール・ダルモンasラウル

■コートダジュールのリゾート地リビエラ。絵画好きなギャンブラー、ボブは、この街でギャンブルにのめり込みながら今では運も尽き、落ちぶれていた。それでも彼なりの拘りと美学は持ち続けていた。夜ごと酒とギャンブルに明け暮れる彼は、ある夜、ヤクザに絡まれていた17歳のアンと出会う…。

【評価】6

感想

意味ねーって思った。
これ最後のオチって、それまでのこと全てを無に返すような感じ。
この手の泥棒系って鮮やか過ぎる程に盗みをするけど、これどうよ。
それはさて置き、プチやくでレイフ・ファインズが出てたのにはびっくり。
とアン役のナッサ・クヒアニチェさんがかんなりかわいい。
いわゆる小悪魔的魅力。モデルみたい。
小悪魔に反応する人にはオススメ。
左目のまぶたに傷があるのが唯一のマイナスか。
それだけがよかった。
変わった国の組み合わせだけに変わった作品。


【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

きみに読む物語

きみに読む物語
きみに読む物語ライアン・ゴズリング ニコラス・スパークス ニック・カサヴェテス レイチェル・マクアダムス

おすすめ平均
starsそのままで
starsとても素敵な映画でした
stars泣きすぎて
stars好きな人の手をギュっと握りたくなる作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


きみに読む物語
ニコラス・スパークス

おすすめ平均 
久しぶりに感動しました
超おすすめ
「マディソン郡の橋」よりいいかも
新感覚ラブストーリー
親にプレゼントします

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


原題 THE NOTEBOOK
【監督
ニック・カサヴェテス
【原作】
 ニック・スパークス…
『メッセージ・イン・ア・ボトル』
きみに読む物語』(新潮社刊)
【製作】 マーク・ジョンソン リン・ハリス
 アブラム・ブッチ・カプラン
【脚本】 ジェレミー・レヴェン ジャン・サルディ


【出演】
ライアン・ゴズリングasノア
レイチェル・マクアダムスasアリー・ハミルトン
ジーナ・ローランズasアリー・カルフーン
ジェームズ・ガーナーasデューク
ジョーン・アレンasアン・ハミルトン
ジェームズ・マースデンasロン
サム・シェパードasフランク
ヘザー・ウォールクィスト ケヴィン・コナリー デヴィッド・ソーントン
ジェイミー・ブラウン スターレッタ・デュポワ

【上映時間】 2時間3分 2004米 2005年2月5日よりロードショー
公式サイト

【評価】8

チラシ

365通の手紙。
白鳥の棲む湖。
―あの雨の朝の匂い。

想い出が少しずつ、
きみからこぼれてゆく
だから、
きみが思い出すまで、
ぼくは読む―。


| STORY |

 とある療養施設にひとり暮らす初老の女性。老いこそ迎えてはいるがたたずまいも美しく過ごしている彼女はしかし、情熱に溢れた若い時代の思い出をすべて失ってしまっている。そんな彼女のもとへ通う男がいて、物語を少しずつ読み聞かせている。1940年代のアメリカ南部の小さな町の、きらめくような夏の物語を―。


≪感想≫

愛が不可能を可能にしちゃったよ。
いや〜、いい映画だった。
久しぶりに小細工の無い正統派ラヴ・ストーリーを観た気がした。美しい話やないですかぁ〜。
洋画ラヴ・ストーリーで、近頃観た中では一番よかったかな。
自分の中ではかなりの名作だな。DVD欲しいくらい。

まず、話はさて置きこの主演の二人。
ジャケ観た時から「絶対観る!」と思ってたし。このチラシジャケお気に入り。
主演のライアン・ゴズリング、この人またノートン系で自分的に結構好きな顔。めっちゃやさしそう。

ほんで相手役の女の子、レイチェル・マクアダムス凄まじくクァワイイ。バカかわいい。
この二人のお陰で先入観なく観れて、作品としてかなり良いできになってる。
もっと名の知れた俳優を起用してたら見れたものではなかったかも。
ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムスにプラス1点ずつ。この二人これから先にかなり注目。

ストーリー自体も相当良い。
ってか一番良いのはタイトル。これめちゃウマ。
若さの勢いが前半で、後半は人生に置ける選択。
前半なんか“若いなー、どっちもメロメロやん”とか思ってました。タイトルが「若さとは!?」でよいやんとか思った程に、青春しまくり。
けど時が立つにつれ、かなり難しい選択をアリーは迫られる。
ひとつ言っとくけどこれはアリー(美人・裕福)やからの話でその辺の人は無理ですね。
マジで可愛らしい子。この役ピッタし、適役。
結局選んだ選択はこの二人にはよかったと思うけど、アリーの婚約者であるサイクロップス君と未亡人さんは可哀想。ちょっと前に未亡人さんがノアに言われるセリフ(愛はもう枯れたんだ、わかるだろ?とかなんとか)は自分的には「上手い事言うたな」と思って印象深かったかな。
全体的にかなりよいキャスティング。
ただ、ノアがじいさんになってもあんなにはならんやろう。もうちょい似てるじいさんおらんかったんか。ノアの娘のメアリーもひとり非美人でした。
あと最後は頂けへんかな。いくらなんでもラヴパワーであそこまで上手くはいかんよな。

愛の良いところだけを映画にしたような映画。
人が憧れるような愛の理想系か。
この映画を観た女性であればまずこんな話に憧れる、もしくは憧れたんとちゃうか?

こんな感じになれるのがベストなんやろうけど、ま、実際そんなうまくいかんねんて。
この映画は“愛”バンザイな人、人生まだ先がある人(特に女子中高生)又残り時間少ない人(ご老人夫婦など)が観ると思うこと多いでしょう。
いいね若いってのは。
posted by Roy at 00:00| Comment(11) | TrackBack(22) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

キャットウーマン

キャットウーマン 特別版
キャットウーマンハル・ベリー ピトフ ベンジャミン・ブラット シャロン・ストーン

おすすめ平均
starsプロモーションビデオ???
stars突然得た『力』の使い方。
starsうーむ
starsハルベリーが研なおこにみえるときがあるけど・・・
starsなかなか爽快!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原題 CATWOMAN
【監督】 ピトフ…『ヴィドック』
【製作】
デニーズ・ディ・ノヴィ エドワード・マクドネル
【製作総指揮】
アリソン・グリーンスパン ベンジャミン・メルニカー マイケル・E・ウスラン
【原案・脚本】
ジョン・ブランカトー マイケル・フェリス
【撮影】 ティエリー・アルボガスト
【音楽】 クラウス・バデルト

【出演】
ハル・ベリーasペイシェンス・フィリップス/キャットウーマン
シャロン・ストーンasローレル
ベンジャミン・ブラットasトム・ローン
ランベール・ウィルソンasジョージ・ヘデア

【上映時間】
1時間44分 2004米 11/6(土)〜
公式サイト http://www.jp.warnerbros.com/movies/catwoman/


【評価】4

チラシ

すべての女には野性の猫が棲む

| STORY |

巨大な化粧品会社でグラフィック・デザイナーとして働くペイシェンス・フィリップスは、いじましいほどシャイで、従順な女性。ところが、会社の恐るべき秘密を知ったために、彼女は命を奪われてしまったのだ。殺されたはずのペイシェンスに再び訪れた新しい目覚め。猫の強さと鋭敏さ、超人的に鋭い感覚を授けられ、“選ばれし者”として復活を遂げたペイシェンスは、自らの野性の分身「キャットウーマン」となって、都会の暗闇を駆け抜けていく…。

≪感想≫


ハル・ベリーがSMの女王様みたいな格好するPV(プロモ)。

ムチ出てきた瞬間「あかんあかん、ムチは止めとけってホンマに女王様になってしまう」って思わず思いました。
この作品の撮影技法とか、スタイリッシュな感じとかは好きでした。

相手役にはかの有名な(元?)セクシー女優シャロン・ストーン。
さっきチラシ見るまで気付かんかったけど、映画観てる最中も綺麗な人やなとは思ってました。
それと刑事役には自分の中で三上博史似のベンジャミン・ブラット。
この人刑事の役多いなぁー。

内容は仕方ないけど突っ込み放題です。
だってキャットウーマンが色々容疑かけられるけど、普通に考えてもありえへんねんもん。
一番気になったのが、証拠があるとか言ってるとこ。

「拳銃に指紋が付いてる」手袋してるやんか…。

他にもこの会社の恐るべき秘密自体ほっといても直ぐに警察沙汰になって解決するやろうし、キャットウーマンが頑張るまでも無いかと…。

まぁ、細かいとこは抜きにしてもやはり、今回のハル・ベリーの髪型はイケてませんでした。ちょっと研ナオコ意識したんかと思いました。

でもこの映画のほんの少し近未来的な街並みは綺麗でした。
それとサブキャラの同僚たちもよかったです。
いわばメインであるアクションシーンもそれなりによかったでしょう。
あと個人的意見ですがネコは犬より好きではないです。関係ないですが。

確かキャットウーマンってバットマンとかに出てたような。
彼女の背景を知るにはいい映画だったかもしれません。
posted by Roy at 00:00| Comment(2) | TrackBack(8) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月15日

CUBE 2

CUBE2 キューブ 2 特別版
B0000DJW2Eケリー・マチェット アンドレイ・セクラ ジェラント・ウィン・デイビス アーニー・バーバラッシュ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'02 HYPERCUBE: CUBE 2/加/サイコ・ホラー/95分
監督/撮影:アンドレイ・セクラ
原作:ショーン・フッド
出演:
ケリー・マチェット/ ケイト ジェラント・ウィン・デイヴィス/サイモン ニール・クローン/ ジェリー マシュー・ファーガソン/マックス
バーバラ・ゴードン/ペイリー夫人 リンゼイ・コネル/ジュリア グレース・リン・カン/サーシャ

Story
男女が謎の立方体に閉じ込められるサスペンス。

【評価】5

感想

噂ではイマイチって評判やったけど、なかなかではないですか。
問題点的にはCGの合成が安っぽかったってことか。
バレバレやったしな。この時代にあそこまでバレバレなんは珍しいな。
でもそれ以外の雰囲気とかは前作同様まぁまぁやった。
前作と比べると部屋から部屋に移動するときの仕掛けとかが少なかったような気もする。

内容的な問題ではないけど、このサーシャ役の人よく採用されたな。
めちゃんこめっぺりした顔してる。相当な豚っぱなやったし。なんかもうちょっとましな人おらんかったんかなぁ。

それ以外はそこそこよかったと思うけどなぁー。ってか人数増えたか?こんなもんやったけなぁー。
前作越えを期待してみるとパンチ不足やけど、あんまり期待せずにみたらそんな感じでまぁ、普通。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月17日

CASSHERN

CASSHERN
B0001A7D0O伊勢谷友介 紀里谷和明 麻生久美子 寺尾聡

おすすめ平均
stars4時間の完全版に期待
stars?マークがいっぱい
starsもうちょっとグロイシーンが少ない方が・・・
starsいい!
starsうーん・・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【監督・企画・脚本・撮影監督・編集】
紀里谷和明
【アクション監督】 諸鍛冶裕太
【主題歌】
宇多田ヒカル
『誰かの願いが叶うころ』
【出演】
伊勢谷友介/東鉄也・キャシャーン
麻生久美子/上月ツナ
寺尾聰/東博士
樋口可南子/東ミドリ
小日向文世/上月博士
唐沢寿明/ブライ 佐田真由美/サグレー
要潤/バラシン 及川光博/内藤薫
宮迫博之/アクボーン 西島秀俊/上条中佐
大滝秀治/上条将軍

【上映時間等】 2時間47分 2004日本

公式サイト
http://www.casshern.com/

【評価】2

ストーリー

この地に生まれた、 愛する人々に捧ぐ。

 未知の映像の世界へ エンターテインメントでありながらも、 人間の根元のテーマ、 生と死、 愛と憎しみに挑む作品が誕生した。 豊潤なビジュアルで未知の世界を描きつつ既視感を呼び起こし、 ドラマは人間の業に迫る! 本作の舞台は架空の未来ではない。 我々とは異なる時間軸を歩んできた現在(いま)なのだ! 世界は大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合という二つの陣営に分かれていた。 50年に渡る戦争、 そして長引く戦争がもたらす環境破壊、 人類はまさに種の存亡の危機に追い込まれていた。 その解決策として遺伝子学者・東博士が研究する「新造細胞」 しかし、 人類を救済するはずだった「新造細胞」は、 皮肉にも滅びの道への扉を開いてしまった…。

感想

キャシャーン、華奢〜ンではなかったです。強かったです。
後半はボロボロでしたが。
しかもなんか、ダサっ!!このコスチュームどうよ。全身タイツか。
キャシャーンってヘルメットかぶらなあかんらしいのにかぶってないし。

噂通り内容は0でした。
この映画で感動した、泣いたって人ちょっとどうなんやろ。
よっぽど感性豊か人ですね。自分みたいな感性とかにおいていわば凡人以下の人には全く訴えかけてくるものはなかったです。こんな哲学っちくなもんはいつもながら何も思わない。むしろ「わかりきったことするな!だから?」とも思う。
なんか最近アニメを題材とした映画小難しい哲学クサいの多くない?
アニメやねんからもっと軽い感じにせいよ。例え重い内容でもよ。
もっとバンバンアクション、格闘シーンに力入れてスカッとしたん撮れ。 キャシャーンって何したんだ?こいつほんまにヒーローか?よく考えると何一つしてないな。なんか勝手に悩んだり、苦しんだりしてるだけか。CMの「キャシャーンがやらねばだかがやる」っていってるけど、キャシャーンもなんもしてへんくせして何いっとんねん。

正直にいうとこんな自己満足な映画初めて観ました。
もう始まりから終わりまで前編に渡りプロモ。
撮影スタイルというか、表現が全てプロモ一辺倒。
プロモみるのは2〜5分が限界。こんな150分も観れるわけがない。
紀里谷さんさすがプロモ監督って感じでした。
素人が観ても合成、CG、無意味な照明に照らされたテカテカの俳優の顔。
何が撮りたかったのか。
「人間の憎しみ、その結果のリベンジ、それを許すとかその後の希望とか」このアニメそんなテーマなん?

もう、ぶっちゃけ書くぞ。最近読み手を意識しすぎた感想ばっかりで窮屈というか、自分の本当の感想を書いてない気がしてるし。
ぶっちゃけあれだ。おもんない。これで泣く奴ちょっとどうかしてる。っていうか感受性高いにも程がある。こんな人間の本質を題材にした映画いくらでもあるし、いつも自分の感想は「はぁ、だからどうしてん?そんなに人間嫌いやったら犬にでもなれよ」って思う。こんな人間の存在自体をネチネチ描いてる映画は無意味。人間の存在異議をテーマにしても不毛な議論だ。気分悪いし。しかも「生きてることで誰かを傷つける」みたいなこといってるけど、ほんなら死ねってことか?これ宇多田の旦那やなかったらこんなに宣伝されてへんやろうし、収益も高くない。この人はおとなしく宇多田のプロモでも撮っとけって感じ。この先なんか映画撮るとしてもどうせ全部自己満足的なプロモになるんやろうし。俳優の演技を活かそうとかそいうのは全くみられなかった。唐沢さんとか頑張ってるのによ。伊勢谷は棒読みやけど。兎に角自分の満足がいくような映像を撮ってそれを皆にみせてるだけ。みせるというより、押し付けてる。VFX、CG、合成に頼りすぎ。もっと俳優の演技とか活かしてやれよ。そのくせ人気の俳優使ってるし。

もう「長い長い長い」しか思わなかった。
これ5分くらいに縮めてくれたらかなりの好印象。色彩とかはかなりキレイやし。
ワンシーンワンシーンがプロモみたいにインパクトありすぎるシーンで、その連続やからもう観てるほうとしては相当な疲労感。

思うに紀里谷さんのワンマン過ぎて周りが顰蹙してたってのも納得。
エンターテインメント性、内容、全て捨て去り自分の満足する映像だけを撮りましたって映画でした。前半戦はいいとして、これだけの映像を撮れるっていうあんたの力量はわかったから後半戦は”観る側”になって撮影して内容重視にしてほしかったかな。
キャシャーン世代の人たちはがっくりしたらしいです。
あまりにも映像美にこだわり過ぎていた印象が強いです。
自分も世代は違えど、がっくりです。
posted by Roy at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月17日

キル・ビル Vol.2 |ザ・ラブ・ストーリー|

キル・ビル Vol.2
B0000YTR5Aユマ・サーマン クエンティン・タランティーノ デヴィッド・キャラダイン マイケル・マドセン

おすすめ平均
stars動( Vol.1)≠ゥら静( Vol.2) ≠ヨ
stars期待はずれ?
stars2もハマリまくりです!!
stars1よりおもしろい!(ネタバレ)
starsファンじゃなければ分からない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



KILL BILL Vol.2
【監督・脚本】
クエンティン・タランティーノ
【製作】
ローレンス・ベンダー
【撮影監督】
ロバート・リチャードソン
【美術監督】
デヴィッド・ワスコ
ツォオ・ジュウピン
【衣装デザイン】
小川久美子
キャサリン・マリー・トーマス

【出演】
ユマ・サーマンasザ・ブライド
デヴィッド・キャラダインasビル
ダリル・ハンナasエル
マイケル・マドゼイン
ゴードン・リュー

【上映時間】
2時間15分 2003米

公式サイト
http://www.killbill.jp/

【評価】5

チラシ

2004年G.W.きっと世界は、少しだけ平和になる。
 
花嫁(ザ・ブライド) は1人の男を追って
世界を旅している。
その男の名はビル。
娘を殺した男であり、
その娘の父であり、
かつて愛した男であった。
そして彼女は、
まだ娘が生きてることを
知らない

 もともと1本の作品として製作されていた「キル・ビル」。「Vol.2」はいわば起承転結の”転結”にあたる。青葉屋での100人斬りに代表されるように、ヴィジュアルとアクションを中心に描かれた「Vol.1」に対し、タランティーノの怪脳によってドラマティックに変貌を遂げる「Vol.2」は、主人公ザ・ブライドの複雑な感情を中心にストーリーが展開される。
彼女とビルの間にはいったいどんな愛があったのか。ビルは何故、娘を生かしておいたのか、そして娘の存在を知ったとき、ザ・ブライドの運命はどう変わっていくのか…。
準備は出来ているか!我々が新しい「キル・ビル」を体験できる素晴らしい日々、胸いっぱいの映画愛を全身で受け止める興奮が、ついにやってくる!!

感想

さてどうしたものか。ユマ・サーマンは相変わらず足ながっ!
この人、体が7:3くらいで足やな。
前作が動なら今作は静やな。静と動の関係ですね。でも、静かすぎっ!
自分的にはがっかり。いかんせんVol.1で全てを出し尽くしてしまったのか…。
一応全てのことに説明的な関連性があるけど、だからどうよ?って感じで、自分はそんな説明なんぞ今作に求めてなくて、前作同様スカっとするようなアクションシーンを期待してたのに。ザ・ブライドの名前も最初らへんはピーのままやのに途中から何事もなかったかのようにベアトリスク・キドーとか名前がはっきりいわれてるのも、なんでそんなピーで引っ張る必要があったのか、謎。
今回は静かな中にも一応Vol.1同様残虐な描写があったけど、たいしたことない。今回の唯一のネタ、パイ・メイのヒゲネタで引っ張りすぎとも感じたし、全体的にはっきりいいますよ、いいですか、打ち明けますよ。


Vol.2観てない人は、観ないまま心に閉まっとけ!!


うん、ユー達の気持ちはわかるんですよ。あれだけVOL.1が面白かったのに、しかも一番いいところでCMに入るパターンで終わってるから絶対続きが観たいと思うのは当然でしょう。Vol.1観て「すっげーおもしろいなぁー」って思ってVol.2みると痛い目に会う。っていうかキル・ビルはVOL.1で終わりやと思い込みなさい。
つい最近レンタルやらDVDやら発売されたけど、早まるな。
いや、でも私は、俺はみるぞ!って人は解決策を考えました。
いっそのことVol.2からみてVOL.1に戻るってのがいいかと。
そうすれば少しはマシか。もっといい作戦はDVDとかやったらチャプター別にみれるやろうから、ラストチャプター一個手前までVol.2みてそっからVol.1みてラストに向かうってのはどうやろう…。あ、でも普通に1,2連続でみるのがいいか。好きにしてください。
Vol.3も作るっていってるらしいけど、もう止めとけよって感じ。

この感想はいつもチラシのストーリー書く前に書いてるから今ストーリー入力して読むとどうやらタランティーノの考え通りの話になっているのはわかった。
まさに転結の部分やった。どうせやったら無理やりにでも1本の映画にしたらよかったのかな。

ラストもちょっと。ネタバレ

キル・ビルやのに斬ってねーし!ツボついちゃったよ。
北斗の拳みたいな技使って微妙。


なーんか期待してなかったはずやねんけど、期待していたのかちょっと、ちゃう、かんなりめちゃめちゃガックしくるVol.2でした。

キル・ビル Vol.1 & 2 ツインパック
ユマ・サーマン
B0002LHWGC
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月04日

キャリー(2002)

Carrie (TV Film)
B00009QG7O
Average Review
starsTHE REVIEW YOU'VE BEEN WAITING FOR: Spacek vs. Bettis
starsgroovy
starsWow. Keep a box of tampons handy...
starsNot a remake
starsLET'S PRETEND THIS IS NOT A REMAKE...

See details at Amazon
by G-Tools


'02 CARRIE/米/ホラー/134分
監督・製作総指揮:デヴィッド・カーソン
原作:スティーブン・キング 脚本:ブライアン・フラー
出演者:アンジェラ・ベティス
パトリシア・クラークソン
レナ・ソファー
キャンデイス・マクルーア

[story]
狂信的なキリスト教信者の母とふたりで暮らすキャリーは、触らずに物を移動させる超能力を持つ内気な少女。その冴えない容姿とおどおどした態度から、学校中の笑い者になっていた。しかし同級生のスーだけは彼女に同情していた。スーはかばうこともできない罪悪感から、自分のボーイフレンド、トミーをプロムパーティのエスコート役としてキャリーに提供。キャリーは学校中の注目を集める中、プロムへ向かう…。超能力を持つ内気な少女キャリーが巻き起こす壮絶な悲劇を描く、スティーヴン・キングによる傑作ホラー小説の再映画化作品。監督は『ジェネレーションズ』のデヴィッド・カーソン。出演は『ブレス・ザ・チャイルド』のアンジェラ・ベティスと『エデンより彼方に』のパトリシア・クラークソン。

【評価】5

感想

「ちょっとちょっと、もう終わり?」ってな感想。

ミーナ・ズバーリがキモチ悪いっ子をやってた。確かにキモチ悪かった。顔がホラー。貞子ちっく。気持ち悪く見える化粧とかしてたんかなぁ。アメリカン・ビューティーでは結構かわいらしかったけど。もしかするとスッピンの実力か!?って別人かいっ!!
今さっき調べるまでわからんかった…。ってきり「キャリー2」観てるもんやと。

にしても向こうの高校生は発育がいいですね。みんなピチピチのキャピキャピ。プロムとか楽しそー。まぁ、そんなんあってもだるいから100%欠席する派やけど。日本もプロムとかやったらええのに。
それは置いといて、謎を残した終わり方はよろしくないな。あの黒人ねーちゃんの企みというか、何がしたかったのかがほんまようわからん。同情だけにしては不可解な感じ。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月31日

キューティー・ブロンド ハッピーMAX

キューティ・ブロンド 2 特別編
B0000AIRN8リーズ・ウィザースプーン チャールズ・ハーマン=ワームフェルド サリー・フィールド レジーナ・キング

おすすめ平均
stars気分爽快 女はかわいく賢く純粋に!
starsキューティ
stars悪ノリミーハー系!?
stars1のほうが好き
stars1と比べてしまうと・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'03米
出演・製作他
リーズ・ウィザースプーン サリー・フィールド レジーナ・キング ジェニファー・クーリッジ ブルース・マッギル

【評価】5

チラシ

 ハーバード・ロー・スクールを優秀な成績で卒業し、大手法律事務所の一員となったエル・ウッズ(リーズ・ウィザースプーン)。仕事もプライベートも絶好調の彼女が、今回、"ピンクの勝負服"で乗り込んでいくのは、アメリカの政治の中心地ワシントンD.C。目的は愛犬ブルーザーのママを、化粧品の動物実験から救うこと。そのために女性下院議員のスタッフとなったエルだが、濃紺のスーツのコンサバ政治家集団の中で浮きまくり。けれども、持ち前の気立ての良さと抜群の行動力でいつのまにか反対勢力を味方につけ、動物実験を規制する"ブルーザー法案"の通過に向けて快進撃を続けていく---。

感想

残念。
思っていたよりつまらない感じ。
なんというか、ネタ切れ!?
そう感じざるを得ない内容のショボさ。前作の収益を使って無理やり作った続編って感じ。
主演のリーズ・ウィザースプーンは相変わらずいい感じだが、内容がこれじゃあちょっと。

自分の印象では前作の方が断トツ面白かった。笑えるシーンも多かったはず。
今回は笑えるシーンも数少ない。っていうかないかも。
リーズを見てると元気が湧いてきそうなんやけど、それだけでは楽しめなかった。
この内容がもうちょっと練られたものならよかったんやけどなぁ。
前作は自分の中ではかなりの好印象なだけに今作の期待も大きかったのか、残念な感じだった。

ただ単にリーズが元気にピンクの服着てたっていうことくらいしか思いつかない。
その他どうもあんまり思いつかない。

これで流行ってた、流行るなら確実にリーズの力としか言いようがない。

あっ、今アウディ・クーペが大流行なのか映画の世界でちょこちょこ見かける頻度が高いかな。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月18日

キル・ビル

キル・ビル Vol.1
B0000DKMK0ユマ・サーマン

おすすめ平均
stars映画への愛情
stars宣伝が悪い・・・?
stars賛否両論わかれるハズだわ。
starsデ・パルマも忘れないで
stars刃こぼれしない刀

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キル・ビル
B0000C4GO3サントラ

おすすめ平均
starsサントラ好きはかく有りたし!
starsどれも個性を放ちながら輝いている
starsTHE 5.6.7.8'Sって知ってた?
starsいい!
starsのりのりー うはうはー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'03米
出演・製作他
ユマ・サーマン ルーシー・リュー デヴィッド・キャラダイン
ダリル・ハンナ 千葉真一 栗山千明

【評価】8

チラシ

前代未聞!
ニューヨークタイムズ紙が緊急速報!
5年間の沈黙を破り、あの、タランティーノが更なる進化を遂げて復活。
撮影日数270日、舞台はLA、沖縄、東京、北京、メキシコ。4年間の昏睡状態から目覚め、主人公ザ・プライドは自分の夫や子どもを殺した一味への復讐を決意、映画史上最も強く、美しく、そして最も憎悪に満ちたクールヒロインの壮絶な復讐の旅が始まる…。すべての常識を日本刀でぶった斬る『キル・ビル』は、これまでのあらゆる映画表現をタランティーノ流にメガミックスし、『キル・ビル』という名の全く新しい《ジャンル》を生み出した。ニューヨーク・タイムズ紙はこの全ての価値観を変える記念碑的映画が『KILL BILL Vol.1』『KILL BILL Vol.2』として2部作で公開されることを緊急報道。まさに革命!『キル・ビル』で映画は新時代へと突入する!

感想

タイトル通り斬りまくってた。これでもかってくらいに斬ってた。
さすが『キル(斬る)ビル』

全体として思っていたより面白かった。
まず、主演のユマ・サーマンにタランティーノが惚れ込んで、出演を熱望しただけあってこの役にピッタリ。
ユマ・サーマン、細いし、足長いし、演技力あるし、この黄色のジャージが似合いすぎ。

さて内容やけど、内容はもう突っ込みどころ満載やけど、この際いいです。
あえていうなら日本を意識しすぎた映画の作りになっているのと、日本が舞台の1部ラストらへんでのアクションシーン。
あれだけ派手に暴れたら速攻で日本の警察に包囲されて捕まります。

映画の流れはタランティーノっぽい感じ。
パルプ・フィクションとかそんな感じ。
付け加えていうなら血の多さでレザボア・ドックスか。
パルプ+レザボア風。

ただルーシー・リューの回顧シーンでようやく最近の日本のイメージはちょんまげの印象でなくなったと思ったら、今度はアニメの印象なのか、全てアニメ。
いったいどこまでアニメでやるんだ?と思っていたらルーシー・リューが演じる東京のヤクザのボスの生い立ち編全部。
かなり笑えるアニメになってる。キモイし。
正直アニメのルーシー・リューの方が可愛いな。

沖縄に着いて謎のすし屋で“オキナワ”って書いてたTシャツをユマ・サーマン着てて似合ってるしキュートやった。よく考えると日本人がよく英語が書かれたTシャツ着てるけど外人から見るとこんな感じなんかな。

でどうやら今回のVol.1はルーシー・リューとの話がメインでほぼそれだけ。
ルーシー・リューの部下の日本人の女の子、栗山千明(ゴーゴー夕張)がかなり可愛かった。役的にも相当おいしいとこもらってるし、他のキャラと比べたら圧倒的に役割的に重要。可愛いし。結構強い設定やったりしたし。
これから世界的に活躍が期待できそう。更に可愛いし←何回も言ってる。

で、チラシ見てて思ったけどこの映画18禁とか年齢指定ないんか。
かなり残虐で暴力的シーンあったと思うねんけど。
最後のアクションシーンは、ほんま血の池と化してたし。
切りまくり、腕とか足が千切れまくり。かなりいい。
もう作り物って割り切って見たら相当おもろい。

外人さんはチャンバラ好きやから結構うけたんとちゃうかな。
ユマ・サーマンもめちゃくちゃ強いし。やはりアクション映画の主演はみんな強いなー。

このタランティーノは日本のチャンバラ、時代劇が相当好きと見た。
かなりラスト、リューシーとの対決のカメラアングルとか流れは日本テイスト漂ったシーン。
最後リューシーも落ち武者風やったし。
日本の時代劇映画をめっちゃ研究した感がある。

この映画はタランティーノの遊び心が盛りだくさんの映画。
内容勝負ではないけど、ハリウッドチャンバラ映画として面白かった。
最後にサントラも欲しくなるほど音楽もよかった。

次回で残りの標的3人を殺せるのか!?上映時間とかも含めて気になる。


ちなみに即サントラ購入しました。
キル・ビル Vol.1 & 2 ツインパック
ユマ・サーマン
B0002LHWGC
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ・タイトル き行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。