2005年11月24日

ピーター・パン

ピーター・パン
ピーター・パンジェレミー・サンプター P.J.ホーガン ジェイソン・アイザックス

おすすめ平均
stars「もう一つの結末」も素敵です!
starsピーターパンが恋愛感情を持ったとしたら。
starsディズニーも良いけど、こっちも良いよ!
stars懐かしい!!
starsイメージを壊さない映画☆彡

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'03 PETER PAN 米/SFファンタジー/113分
監督: P・J・ホーガン
製作: ルーシー・フィッシャー パトリック・マコーミック ダグラス・ウィック
製作総指揮: モハメド・アル=ファイド ゲイル・ライオン ジョスリン・ムーアハウス
原作: J・M・バリー
脚本: P・J・ホーガン マイケル・ゴールデンバーグ
撮影: ドナルド・マカルパイン
音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード

cast:
ジェレミー・サンプターasピーター・パン
ジェイソン・アイザックスasフック船長/ダーリング氏
レイチェル・ハード=ウッドasウェンディー・ダーリング
リュディヴィーヌ・サニエasティンカー・ベル
オリヴィア・ウィリアムズasダーリング夫人
リチャード・ブライアーズasスミー
リン・レッドグレーヴasミリセント伯母さん

■世界中で愛されてきた“永遠の少年”の物語を、本国イギリスでの舞台初演以来100周年を記念し、最新技術を駆使して原作に忠実に実写映像化。今回、ピーター・パン役には史上初めて少年を起用、深いドラマ性も織り込み従来の映像化作品とは一線を画す骨太の仕上がりとなっている。

【評価】5
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ・タイトル ひ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

ヒューマン・キャッチャー/JEEPERS CREEPERS 2

ヒューマン・キャッチャー 特別編
ヒューマン・キャッチャーレイ・ワイズ ビクター・サルバ ジョナサン・ブレック

おすすめ平均
starsオヤジvsモンスター
stars個人的に好き
stars時間を返して
starsユーフォーキャッチャーではありません。
starsタイトルに笑う!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'03 JEEPERS CREEPERS 2 米/ホラー・アクション/102分
監督: ヴィクター・サルヴァ
製作: トム・ルーズ
製作総指揮: フランシス・フォード・コッポラ カーク・ダミコ
脚本: ヴィクター・サルヴァ
撮影: ドン・E・ファンルロイ
キャラクター原案: ヴィクター・サルヴァ
音楽: ベネット・サルヴェイ

cast:
レイ・ワイズasタガート
ジョナサン・ブレックasザ・クリーパー
エリック・ネニンジャーasスコット
ニッキー・エイコックスasミンクシー
ギャリカイ・ムタンバーワasディアンドレ

■23年ごとに訪れるという“都市伝説”の恐怖を描き全米でスマッシュヒットを記録したティーンズ・ホラー「ジーパーズ・クリーパーズ」の続編。

【評価】5
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル ひ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

ビー・クール

ビー・クール
ビー・クール 和書エルモア・レナード 高見 浩


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原題 BE COOL
【監督・製作総指揮】 F・ゲイリー・グレイ
【製作】 ダニー・デヴィート デヴィッド・ニックセイ
【製作総指揮】 トッド・ハロウェル
【原作】 エルモア・レナード
【脚本】 ピーター・スタインフェルド
【撮影】 ジェフリー・L・キンボール
【美術】 マイケル・コレンブリス
【衣装】 マーク・ブリッジス
【音楽】 ジョン・パウエル


【出演】
ジョン・トラヴォルタasチリ・パーマー
ユマ・サーマンasイーディ・アテンズ
ヴィンス・ヴォーンasラジ
ダニー・デヴィートasマーティン・ウィアー
ハーヴェイ・カイテルasニック・カー
ザ・ロックasエリオット・ウィルヘルム
セドリック・ジ・エンターテイナーasシン・ラサール
クリスティーナ・ミリアンasリンダ・ムーア
アンドレ・ベンジャミンasダブ
スティーヴン・タイラー ロバート・パストレッリ


【上映時間】
2時間 2005米 2005年9月3日よりロードショー
公式サイト

【評価】6

チラシ

イケてる? それとも イカレてる?

| STORY |

 映画業界で成功した元ギャングのチリ・パーマーは、殺人事件に巻き込まれた事により、スキャンダラスな音楽業界に足を突っ込むことに…。
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ・タイトル ひ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

ヒッチャー 2 心臓“完全”停止

ヒッチャー 2 : 心臓完全停止
ジェイク・ビジー カリ・ウーラー ルイス・モーノウ

おすすめ平均 
出来映えはなかなか、意外な拾い物
ハズレ・・・・
次々しかれられる罠、罠、罠

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'2003 THE HITCHERII:I'VE BEEN WAITING 米/サスペンス/92分
監督:ルイス・モーノウ
脚本:モリー・ミーカー チャールズ・R・ミーカー レスリー・シャーフ
出演:
C・トーマス・ハウエルasジム
カリ・ウーラーasマギー
ジェイク・ビューシイasジャック

■10年前にヒッチハイカーに殺されそうになった刑事が、再びヒッチハイカーに命を狙われる。

【評価】6

感想

おー、こりゃ『ロード・キラー』の顔出し版だな。
話的にもこっちのほうが凝ってるし。
犯人に仕立て上げる方法が上手いな。
状況証拠を固めて目撃者は無しってか全コロ。
このジェイク・ビューシイさんたまたま二連発で見たけどぶっちゃいくな顔ですなぁー。
雰囲気でいうとマシュー・リラード。おわかり?
こーいうキャラも時には必要なんだな。
相手役のカリ・ウーラーさんは目がクリっとしててよかったです。
『ヒッチャー』観てないけど続編過ぎてわからんってことは一切無いです。
ってかサブタイトルはどっから湧いてきたのか?...必要ないような気が大いにする。

全体的にはこじんまり良く出来たB級でした。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル ひ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月19日

人喰い人魚伝説

人喰い人魚伝説
人喰い人魚伝説カーラ・グギーノ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'01 SHE CREATURE /米/ホラー/92分
監督:セバスチャン・グティエレス
出演:
カーラ・グギーノ ルーファス・シーウェル

Story
■伝説の人魚が自分を見世物にしようとした興行師一行を次々襲うサスペンス・ホラー。

【評価】4

感想

まじめなB級映画。
ホラーといえばホラーやけど、どうやろ、SFサスペンスみたいな微妙な感じ。
そもそもストーリーみたとき次々襲われるって書いてたから人魚がどう次々襲うのか気になって観た。
普通の人魚がチマチマ襲ってた時はこんなんで全員殺れるんか?と思ってたけど最後がSF。
ちょっと金使ったか。むしろやっつけ仕事か。
話は結構よく出来てたかな。
最後の最後あの一人が生き残る理由がちょい不明。
人魚役の人が魚っぽい表情が妙に怖い感じがした。
総合的に可も不可もなく短いから観れんことも無いような極普通の映画。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル ひ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月09日

ピッチブラック



ピッチブラック

おすすめ平均
まっくらくらすけ
SFファン必見です。
great movie

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'2000米 PITCH BLACK/SFアクション/108分
監督・脚本:デビッド・トゥーヒー
出演:
ビン・ディーゼル ラダ・ミッチェル コール・ハウザー キース・デビッド ルイス・フィッツジェラルド

Story
■宇宙船が事故で未知の惑星に不時着。生き残った9人が未知の生命体とサバイバルを展開する。

【評価】7

感想

これ完全にリディックに繋がってるやん。
リディックに出てくるキーラやったけな?その女の子ジャックとか。観てない人には何書いてるかようわからんやろうけど。
自分的にはリディックよりもこっちの方が好きかも。でもリディックもお金掛けてるからそこそこ観れるし、まあ、シリーズもんとしてはよく出来てるほうかな。
でもB級シリーズ感が抜けへんな。 しかし、このタイトルは全くわからんなぁ。何がどう関係すればピッチブラックになるのか。
このタイトルではリディックに繋がりがあるのが全くわからんし。
これ観て思ったけどやっぱリディックって微妙にええ奴やん。なんやかんやいうても結局は助けてるし。
ラストの事件は微妙。あれは無くてもよかったんとちゃうか。脚本さん、あの人くらい助けたれよ。
今回の方が女の人が多いから微妙に精神衛生上よかった。
リディック観たい人はこちらを先に観て予習するとより話がわかるかも。
観んかったらリディック全くわからんてことは一切無いですが。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル ひ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月03日

ビッグ・フィッシュ



ビッグ・フィッシュ
コレクターズ・エディション


おすすめ平均
癒されるvv
待ちに待った映画!
男泣きの映画

Amazonで詳しく見る by G-Tools


【監督】ティム・バートン
【原作】ダニエル・ウォレス 【撮影】フィリップ・ルースロ
【製作総指揮】アーン・L・シュミット 【美術】デニス・ガスナー
【編集】クリス・リーベンゾン.A.C.E.
【出演】
ユアン・マクレガーas若き日のエドワード・ブルーム
アルバート・フィニーasエドワード・ブルーム
ビリー・クラダップasウィル・ブルーム
ジェシカ・ラングasサンドラ・ブルーム
ヘレナ・ボナム=カーターasジェニファー・ヒル/魔女
アリソン・ローマンas若き日のサンドラ・ブルーム
ロバート・ギロームasドクター・ベネット
マリオン・コティヤールasジョセフィーン
スティーブ・ブシェミasノザー・ウィンズロー
ダニー・デビートasエーモス・キャロウェイ
マシュー・マッグローリーasカール,巨人

【上映時間】 2時間05分 2003米 5月15日(土)ロードショー

公式サイト
http://www.big-fish.jp/

【評価】5

チラシ

ティム・バートン最高の、感動作!!

そして、幸せだけが残っていった。

人生なんて、まるでお伽噺さ。

 いろんな国に行って、いろんな人たちと出逢って、いろんな人を幸せにしてきたエドワード。不思議な人たちと友達に。母と運命の恋に落ちて、お花畑でプロポーズ。彼が生きたすべてが、愛のカタチとなって輝いていた。彼の人生は、まさにお伽噺。でも、エドワードはいつも気がかりだった愛息、ウィルのことが幸せにできなかった。ウィルは、昔は父の話が大好きだったのに、大人になるにつれ耳を閉ざしていった。そんな彼がその大切さに気付いたのは、エドワードの最後のときだった。
エドワードの素晴らしい人生、そして息子との絆が涙を誘う。
ティム・バートンのファンタスティックな映像で綴る、最高の感動作だ。

感想

なんていうかタイトル的にいうとビッグ・フィッシュならぬ
ビッグ・マウスのお話でした。
お父さんが真実なのかウソなのかわからない様な、おもしろおかしなお話好きでおしゃべりなお父さんで、息子に愛想つかされて嫌われるっていう感じ。「男のシャベリはみっともない」と祖母に耳にタコが出来るほど言われて育った自分としてはこのお父さん嫌い。
そんなことは置いといて序盤から中盤にかけては「なんか普通すぎて普通やなぁー」とか「展開が遅いなぁー」とか結構面白くないよりやってんけど、終盤の収まりのよさとか序盤にチラッと映してあった伏線が活きてきたり、そんなこんなで4〜6点って感じでした。お父さんの若かりし頃の話は全てコメディちっくな作りで、笑うほどではないにしても、そこそこ面白かったです。
大して感動も何もない感じ。「お父さんのいってたことホンマはホントだったんだぁ〜」って感じですか。この映画で泣いてる人達がいた。これはお父さんの”死”ということで涙を誘う作戦で、息子との絆から誘われた涙じゃないような気がした。

出演のユアン・マクレガーが18才って設定は無理にも程がありました。
あと、この巨人は何者?CGかもしれんけど、めちゃデカイ。キモイほどに。
でもよく考えると、CGっぽい。変な双子の姉妹もCGやったし。
ダニー・デビートがハンプティ・ダンプティにみえた。
息子の嫁さん(マリオン・コティヤール)自分的にはツボなルックスでした。
それとスペクター村?かなんかのちびっこ時代のジェニーはかわいらしいコやった。
俳優陣も結構微妙に豪華で知ってる顔ばかりでした。

な〜んか不思議〜な雰囲気を放つドラマでした。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル ひ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月29日

〜HERO〜 英雄



英雄 ~HERO~
スペシャルエディション


おすすめ平均
色が美しい映画。
十歩必殺
LOVERSを観る前に・・・

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'02中
出演・製作他
ジェット・リー トニー・レオン チャン・ツィイー
マギー・チャン ドニー・イェン

【評価】7

チラシ

無名(ジェット・リー)は趙国の三大刺客を討ち取り秦王への謁見を許された。
1人目の刺客・長空を倒した功績により王座まで二十歩の距離へ。
さらに残りふたりの刺客・残剣、飛雪を制して、秦王への距離は今、わずか十歩。
無名が編み出した剣の必殺技は「十歩必殺」。
そのとき秦王は無名の語った物語の矛盾を看破する。
そしてあらためて語り出された驚愕の真実とは…。

感想

一言。とても面白く、何か考えさせられた作品。

かなり壮大なスケールで展開される一人の無名の剣士の話。
実際は長さ的にはベストの長さなのだが、ただなぜか上映時間がとても長く感じられた。
たぶん、展開が無声の部分が多く、時間がとてもゆっくり感じたのだろう。

この映画の見所の一つであるアクションシーンは凄いの一言。
もう凄い。ジェット・リーをはじめとする各俳優の見事な剣さばき。
それだけでよかった。
やのになんかところどころ完全に重力を無視した動きをしてるのが、
かなり笑えて、「何これ?完璧コメディで笑いを誘ってんのか?」
って思うほど不自然な動き。
あの不自然なアクションシーンがなければ評価は更に高いものになった。

見たらわかるけど、かなりやりすぎで、もうそら「えっ!?」って程におかしい。
例えば飛雪と如月が戦って落ち葉が黄色から真っ赤に変わるシーン。
更に飛雪を弔うため残剣と無名が湖の水上をピョンピョン跳ねながら戦うシーン。
ありえん!!そいうムチャクチャじゃなく、剣と剣を交えて戦うシーンはこれはもう納得の素晴らしさ。

何故かマトリックスのCGチームが絡むと自分としてはやりすぎると感じることが多くアクションシーンが台無しになるように思える。
中にはあのやりすぎ感がいいって人もいてるやろうけど自分は好きではない。

それでもこの映画は内容がとても深く、見てる最中「中国っぽいなぁ〜」っと思った。
かなり中国っぽさ溢れる作品。

壮大すぎるスケールの内容、相当数のエキストラを使用して撮ったと思われる戦闘シーンやその他。
唯一の問題点はアホが付くほどやり過ぎの格闘シーン。
何度も言うがもう笑える域に達している。それのせいで内容が薄れたと思う。

感想の「中国っぽい」というのはなんか漢文とかで習ったような奥深さを感じたことからきてる。奥深い作品でした。
本当のHEROは刺客達やったんですね。
中国史とか好きな人とかにはたまらん作品かも。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル ひ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月18日

ビロウ



ビロウ

おすすめ平均
そんなに怖いわけではない。
映像とカメラワーク
素晴らしい映像に酔う

Amazonで詳しく見る by G-Tools



'02米
出演・製作他
マシュー・デイヴィス ブルース・グリーンウッド オリヴィア・ウィリアムズ

【評価】4

感想

可もなく不可もなく。
ごく平凡な普通のホラーチックな映画だった。
潜水艦映画に駄作なしとかいってたけど、K-19とか結構駄作やったような気がする。
しかもこの作品もどっちかというと駄作より。
戦時中のミスを隠すために次から次へと事件を起こしてしまう乗船員の話。
まず、幽霊を絡めたのは失敗だと思う。
ホラー要素はかなりあったが、パターン的にも典型的な怖がらせかたでまず、映像でのためから始まり、音でのドッキリをはずし、そして次に仲間とかが現れて更に驚かせる。
これは2段ステップみたいな典型的なパターン。
あと直球型もある。いきなり音で驚かせる方法。
どちらにしてもアメリカは音でビックリさせる方法で、心理的恐怖はない。
その点、日本のホラーは心理的恐怖がすごい。
そーいうところを少しは見習って欲しいものだ。
この作品もなんか前に見たゴーストシップ軍艦版みたいでおもしろいとは思わなかった。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル ひ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。