2006年02月24日

Mr.&Mrs.スミス

Mr.&Mrs.スミス
Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディションブラッド・ピット ダグ・リーマン アンジェリーナ・ジョリー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'05 MR. AND MRS. SMITH 米/アクション・コメディ/118分
監督: ダグ・リーマン
製作: ルーカス・フォスター アキヴァ・ゴールズマン他
製作総指揮: エリック・フェイグ
脚本: サイモン・キンバーグ
撮影: ボジャン・バゼリ
プロダクションデザイン: ジェフ・マン
衣装デザイン: マイケル・カプラン
編集: マイケル・トロニック
音楽: ジョン・パウエル

cast:
ブラッド・ピットasジョン・スミス
アンジェリーナ・ジョリーasジェーン・スミス

■ハリウッドを代表するスーパースター、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが初共演を果たしたアクション・コメディ。凄腕の殺し屋2人が恋に落ち結婚、しかしほどなく互いの素性がバレてしまい、甘い結婚生活が一転、壮絶な殺し合いへと発展していく。


【評価】8
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(4) | ・タイトル み行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

ミュンヘン

Munich
MunichEric Bana Daniel Craig Ciarán Hinds

Average Review
starsThe second best film of the year! (Tied with Batman behind Star Wars 3)
starsTake the 'R' rating seriously
starsA good remake, but it is a remake
starsAsks Serious Questions About The State Of Global Conflict And The Nature Of Man
starsInside the Spiral

See details at Amazon
by G-Tools


原題 MUNICH
【監督・製作】 スティーヴン・スピルバーグ
【製作】 キャスリーン・ケネディ バリー・メンデル コリン・ウィルソン
【原作】 ジョージ・ジョナス
標的(ターゲット)は11人 モサド暗殺チームの記録』(新潮文庫刊)
【脚本】 トニー・クシュナー エリック・ロス
【撮影】 ヤヌス・カミンスキー
【プロダクションデザイン】 リック・カーター
【衣装デザイン】 ジョアンナ・ジョンストン
【編集】 マイケル・カーン
【音楽】 ジョン・ウィリアムズ

【キャスト】
エリック・バナasアヴナー
ダニエル・クレイグasスティーヴ
キーラン・ハインズasカール
マチュー・カソヴィッツasロバート
ジェフリー・ラッシュasエフィライム
ハンス・ジシュラーasハンズ
ギラ・アルマゴールasアヴナーの母
イヴァン・アタルasトニー
マリ=ジョゼ・クローズasジャネット(暗殺者)


【上映時間】 2時間44分 2005年 米
2月4日より公開
公式サイト


ストーリー

--------------------------------------------------------------------------------
1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機関“モサド”の精鋭5人による暗殺チームを秘密裏に組織する。チームのリーダーに抜擢されたアヴナーは、祖国と愛する家族のため他の4人の仲間と共に冷酷な任務の遂行に当たるのだが…。


【評価】6
 
感想
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(6) | ・タイトル み行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

Missレティと私

Miss Lettie & Me / (Full Dol)
Missレティと私MISS LETTIE & ME / (FULL DOL)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'02 MISS LETTIE AND ME 米/ドラマ/90分
監督: イアン・バリー
製作: ジェームズ・A・ウェストマン
製作総指揮: ベス・ポルソン
原作: キャサリン・ペイターソン
脚本: ダーレン・ヤング
撮影: ウィリアム・ウェイジズ
音楽: アラン・ウィリアムズ

cast:
メアリー・タイラー・ムーアasレティ・アンダーソン
ホリストン・コールマンasトラヴィス
チャールズ・ロビンソンasアザイア・グリフィン
バート・レイノルズasサム・マディソン
イルマ・P・ホールasローズ・グリフィン

■頑固者の大叔母と、彼女に預けられた天真爛漫な姪が、確執を乗り越え、やがて温かい絆で結ばれるまでを描いた心温まるドラマ。

【評価】7

感想

ほのぼのいい話でした。
アメリカの田舎でのハートフルドラマってやつですか。
この主演の女の子がなんかかわいい。
ほんでこの黒人一家のええ人なこと。
なんていうか女の子の成長とか描いてる作品多いけど、これおばちゃん、レティの成長記みたいなもんだ。
そして知ったことは羊って異様に大人しい動物なんだなってことか。
ペットとしてトラヴィスが連れてる様はなんしかかわいらしい。

ちょっとほのぼのしたい気持ちになった人が見ると、確実にほのぼのできます。


【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル み行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

ミスティック・リバー

ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉
ショーン・ペン

おすすめ平均 
そこに正義はない
人は自分の苦しみで手一杯なもんだな・・・
月の光が射す澱んだ川
ボタンの掛け違い。
トラウマ物の進化系ではないのか?

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


'03 MYSTIC RIVER 米/サスペンス/138分
監督・製作:クリント・イーストウッド
製作総指揮:ブルース・バーマン
原作:デニス・ルヘイン…
『ミスティック・リバー』(早川書房刊)
CAST:
ショーン・ペンasジミー・マーカム
ティム・ロビンスasデイブ・ボイル
ケヴィン・ベーコンasショーン・ディバイン
ローレンス・フィッシュバーンasホワイティ・パワーズ
マーシャ・ゲイ・ハーデンasセレステ・ボイル
ローラ・リニーasアナベス・マーカム
エミー・ロッサムasケイティ・マーカム


Story
■誘拐事件で疎遠になった3人の少年が25年後、娘を殺された父親と刑事、容疑者として再会するミステリー。

【評価】4

感想

結構深いような浅いような。
これ観て思ったけど、殺人事件とかって全てが解明されるとなんだ簡単な事やったんやないかと思うことがあるけど、捜査を進める方に取っては難しいことだと思った。
上手くかけへんけど、要するに問題の答えを知ってると解き方も簡単に理解できるってことに近いかな。
イヤ、何がいいたいのかも自分でもよくわからん。
今回の場合、あーいう風な至って簡単な犯人やったけど、捜査する方の勘違い?みたいな。
ってかティム・ロビンスふがふが意味わからんこといっとらんとホントのことをいったらよかったのに。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ・タイトル み行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月26日

ミニミニ大作戦



ミニミニ大作戦
コレクターズ・エディション


おすすめ平均
前作とあわせて
期待以上
おもしろかっこいい!!

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'03 THE ITALIAN JOB/米・仏・英/アクション・アドベンチャー/110分
監督/脚本:F・ゲイリー・グレイ
出演:
マーク・ウォルバーグ シャーリズ・セロン
エドワード・ノートン ジェイソン・ステイサム
ドナルド・サザーランド セス・グリーン

Story
マイケル・ケイン主演の同名作をリメイク。裏切者に奪われた3500万ドルの金塊を取り戻すため犯罪のプロ5人が緻密な強奪計画を実行する。

【評価】7

感想

普通に面白かった。
これタイトルがまずいなー。ってか原題もダメダメやねんけど。
なんで「ITALIAN JOB」やったのか全く分けわからんかったけど、どうやらリメイク元の話がイタリアでの泥棒の話やったみたい。
でも今回はハリウッド。それやったらまんま使わんと「HOLWOOD JOB」でどうよ。
難しいとこやけどなー。
タイトルよければもうちょいヒット飛ばせたんとちゃうか。
なんせこの豪華キャスト。自分の中ではめっちゃ有名人ばっかり。
ノートンを筆頭にセロン、ジェイソン・ステイサムとか色々いい人おってそれだけでも観る価値があった。
今回のノートンの役もいいな。ちょっと悪いほうがいい。
相変わらずセロンは美しい。なんか金髪モデル代表みたいな感じ。

で、BMW社製のミニクーパーが大活躍。ちょっと欲しい。いやかなり。あっても乗らんけど。
テンポ良い小気味いい映画でした。
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル み行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月13日

ミーン・マシーン



ミーン・マシーン

おすすめ平均
元プロの実力

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'01 MEAN MACHINE/米・英/コメディ/99分
監督:バリー・スコルニック 製作総指揮:ガイ・リッチー
出演:ビニー・ジョーンズ ジェイソン・ステイサム デビッド・ケリー デビッド・ヘミングス バス・ブラックウッド

[story]
「ロンゲスト・ヤード」をモチーフにしたスポーツ・アクション。囚人VS看守による、刑務所での壮絶なサッカー・バトルが展開する。「スナッチ」のガイ・リッチーが製作総指揮。

【評価】3

感想

うむ、微妙。明らかに面白くないよりなコメディ。
この程度では麻呂を笑わすことなぞ到底無理。ガイ・リッチーにしたら全くうまさも感じひんし、おもろくない。
主役の人あんまりなぁーって感じ。とりあえず、コメディ向けでない。ジェイソン・ステイサムも準主役クラスで出てたけど、アクション無いから用なし。ジェイソン・ステイサムといえば筋肉。筋肉見せへんのやったらあかんやろ。
とりあえず、ゴールキーパー役でも無意味に上半身裸とかやないと出てる意味ない。わかってない。
総合的につまらんかった。

【スターチャンネル】
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル み行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月17日

ミシェル・ヴァイヨン



ミシェル・ヴァイヨン
激走 ! DTSスペシャル・エディション


おすすめ平均
なぜアクションにこだわる?
映像がすごい
リアルでスピード感がある!

Amazonで詳しく見る by G-Tools


'03仏
出演・製作他
サガモール・ステヴナン『ロマンスX』asミシェル・ヴァイヨン
ディアーヌ・クルージェ『トロイ』asジュリー・ウッド
ピーター・ヤングブラッド・ヒルズ『バンド・オブ・ブラザース』asスティーヴ・ワーソン
フィリップ・バス『素敵な歌と舟はゆく』asジャン=ピエール・ヴァイヨン
ジャン=ピエール・カッセル『クリムゾン・リバー』asアンリ・ヴァイヨン
フランソワ・ルヴァンタルasボブ・クレイマー
リサ・バルブシャasルース・ウォン
ベアトリス・アジェナンasエリザベート・ヴァイヨン
スコット・スランasデヴィッド・ドーアティ
アガト・ドゥ・ラ・ブライユasガブリエル・スパンゲンバーグ
ステファーヌ・メッツガーasダン・ホーキンス
ジャンヌ・モーランasオデッサ

監督:ルイ=パスカル・クヴレア
脚本:リュック・ベッソン
原作:ジャン・グラトン&フィリップ・グラトン

【評価】8

チラシ

誰も見た事がないスペクタクル・レーシング・ロマン。
赤と青のエクスタシー。新たな伝説は目前に!

原作は、ヨーロッパ圏最大のコミック、45年にわたり書き続けられている、その名も「ミシェル・ヴァイヨン」空前のコミック映画化ブームに沸くハリウッドさえも、その実現を断念した作品だ。
ある"悪夢"から目覚める女。物語は不吉なオープニングを飾るが、次の瞬間、一気に加速―――
凍てつく湖のカナダ氷上ラリーから、緑の中を駆け抜けるアイスランド・ラリーへ、青いマシーンの”ヴァイヨン”チームと赤の”リーダー”チームが、熾烈なデッドヒートを繰り広げる。夢、絶望、愛する者の死・・・。
ヒーロー達はあらゆる限界と悲しみを超え、ル・マンへ到達し、運命のクライマックスを迎える。


感想

よかったかな。
数あるレースものの映画で、近い感じのは「ドリブン」やけど、あれはエステラ・ウォーレンが美人でいいけど、今回のもディアーヌ・クルージェとかいう人がかなり美人でよし。
美人が出てるだけでその映画は自分の中でかなりのプラス。

映画の映像というか、雰囲気が自分的にかなり好きな映画だった。
キャストはあえて無名な人を採用しているが、それがかえってリアルさを出していてよかった。豪華キャストの時はなんとなく、リアルさに欠けるというか、キャストを売りにすることが多いし。
その点今回の主演、サガモール・ステヴナンは確実に「ミシェル・ヴァイヨン顔」やった。
この人は本当の名前もミシェル・ヴァイヨンですっていわれたら、「やっぱりな」っていうくらい、ミシェル・ヴァイヨンでした。

無名やけど、かなりレベルの高い俳優を採用していて、内容にも好影響を与えたと思う。
例えば、今回、チーム”リーダー”のボス、ルース・ワンは極悪の限りを尽くしているのに、美人やから許されるみたいな。
これがムッサイ顔したおっさんやったらめちゃめちゃ憎たらしいんやろうけど、美人やし、頭悪そうで、無知なわがまま娘のすることと思ったらなぜか憎らしさも半減。しかし、かんなり陰湿なことをしていた。
話の流れも文句なく、作品自体の完成度はかなり高いと思う。

ただ、あれだけ極悪の限りを尽くされて、最後のオチが、以下ネタバレです

ゴール前、ノロマなカメのレースとは。

スピード感溢れるレース映画とは思えないオチ。

で、ヴァイヨン家の人達もお人良しにも程がある一族。
あれだけ陰険なことされたら普通は黙ってない。

最終的に逮捕とかされるシーンも欲しかったような。

本物のル・マンに参加して撮影してるだけあってかなりいい映画になっていると思う。
リュック・ベッソン系では一番好印象かもしれない。

ジュリー・ウッドも綺麗やし、暇な人は見てもよいのでは?
posted by Roy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・タイトル み行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。